ダンボールの中身が破損した場合の対策

現在の閲覧ページ

トップページ > トラブル・事故 > ダンボールの中身の破損

ダンボールの中身の破損

スポンサード リンク

ダンボールの中身は、梱包のミスと運搬時のミスによって破損します。

残念ながら、梱包のミスは、原則として補償対象外となります。このため、荷物の梱包は慎重にするべきです。ただし、例外として引越し業者が梱包した場合のミスは、補償対象となります。

また、運搬のミスは、よほどのことがない限り、原則として補償対象となります。

原則としてお客様負担

お客様がダンボールで荷物を梱包した場合に、その梱包のミスによって中身が破損したときは、お客様の「故意又は過失」として、補償対象外となります(標準引越運送約款第23条第8号)。

ですから、ご自身で梱包した場合は、運搬の際に引越し業者からよほど乱暴な扱いを受けない限り、補償されないものと思ってください。

逆に、引越し業者が梱包した荷物については、原則として、補償対象となります。つまり、おまかせプランや前日梱包を利用した場合は、ダンボールに梱包した荷物の破損はほとんど補償対象となります。

このため、小型の荷物が全般的に高価な場合は、お客様ご自身が梱包するのではなく、引越し業者に任せてしまったほうが、補償交渉がスムーズに進むという意味でも安心です。

引越し業者の作業員がダンボールを落とした場合

引越し業者の作業員がダンボールを落とした場合に、荷物が破損していたときは、当たり前ですが補償対象となります(標準引越運送約款第22条)。

ダンボールが落ちた場合、たいていの荷物、特に割れ物は、かなりの確率で破損します。食器やホーロー製の鍋や土鍋はまず間違いなく割れますし、家電製品は故障する可能性があります。

なお、実際に引越し業者の作業員がダンボールを落とした場合や、ダンボールが凹んでいた場合は、すぐに引越し業者のチームリーダー立ち会いのもとで、ダンボールを開けて中身を確認してください。

また、中身が破損していた場合は、すぐに補償交渉を始めてください。後で確認すると、引越し業者の作業員からシラを切られてしまい、補償交渉が難航する可能性があります。

ダンボールが潰れた場合

ダンボールがトラックの積み込みの際に潰れた場合は、使っていたダンボールによって、対応がことなる可能性があります。

引越し業者のダンボールを使っていた場合、ダンボールそのものには問題はありません。このため、トラックへの積み込みに問題があったことになりますので、補償対象となる可能性がかなり高いといえます。

逆に、自前で用意したダンボールを使っていた場合、その強度が弱いときは、お客様にも責任があることになります。ただ、引越し業者のドライバーも強度が弱いことを承知のうえで積み込むわけですから、まったく責任がないとまではいえません。

このように、お客様と引越し業者との責任の割合がはっきりしないため、補償交渉は難航します。

なるべく早く開梱・連絡・交渉を

ダンボールの中身の滅失・損壊については、搬入の日から3ヶ月以内に連絡しないと、時効にかかってしまい、補償されなくなります(標準引越運送約款第25条第1項)。

ですから、引越しが終わった後は、なるべく早くダンボールを開けて中身が破損していないかどうかをチェックしてください。

特に、食器などの割れ物や家電製品などは、壊れやすい傾向がありますので、すぐに使わない場合でも、なるべく確認してください。

また、当面使わない荷物も一度は開けて確認してください(特に、夏の引越しの場合の暖房器具)。そうしないと、いざ使う時になって中身が滅失・破損していて、しかも時効にかかっていて補償されない、ということになりかねません。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日