床・階段・畳にキズ・汚れがついた場合の対策

現在の閲覧ページ

トップページ > トラブル・事故 > 床・階段・畳のキズ・汚れ

床・階段・畳のキズ・汚れ

スポンサード リンク

床・階段・畳のキズ・汚れは、主に家具・大型家電製品の運搬時の接触事故や、作業員の靴下の汚れによって発生します。

床・階段・畳のキズ・汚れは、生活によっても発生します。このため、事故が起こった場合は、すぐに対処しなければなりません。

というのも、その床・階段・畳のキズ・汚れが、引越し後の生活によるものなのか、引越し作業によるものなのかのがわかりにくくなるからです。

こうなってしまうと、補償交渉が難航する可能性があります。

重点箇所の写真を撮っておく

床・階段・畳のキズ・汚れは、①もともとあったものなのか、②引越し業者によってつけられたものなのか、③引越し作業後にお客様の生活によってついたもなのか―がはっきりしません。

当然ながら、補償対象となるは、②だけです。ですから、なるべく搬入・搬出の前にフィルム式のカメラで写真を撮っておいてください。

ただ、すべての床の写真を撮ることは難しいでしょうから、なるべくキズがつきやすい場所を重点的に撮っておいてください。

キズがつきやすい床の場所は、廊下や階段の曲がり角、階段の踊り場、階段の手前、部屋(特にキッチン)の出入口、玄関です。

これらの場所は、方向転換のために家具・冷蔵庫を置くことが多いため、どうしても床にキズがつきやすくなります。特に、冷蔵庫を置いた場所は、かなりの確率で床にキズがついたり、床が凹んだりします。

養生の前後で目視確認

引越し業者は、搬出作業・搬入作業に入る前に、必ず床・階段・玄関(畳については状況によります)を養生します。

壁を養生する前に、引越し業者の作業員と床・階段・玄関のキズ・汚れの有無を必ず確認しておいてください。こうすることで、事故が発生した場合であっても、引越し業者は言い逃れができなくなります。

なお、引越し業者によっては、作業の前に床・階段・玄関の養生をしないことがあります。

床・階段・玄関は、荷物を置くことが前提です。これは、接触しないことが前提の壁とは決定的に違う点です。このため、床・階段・玄関を養生しないというのは、論外です。床・階段・玄関は必ず養生をしてもらうようにしてください。

搬入時に靴下は交換しているか?

畳を敷いた和室がある場合は、靴下の汚れに注意してください。

汚れた靴下(特に雨や雪によって濡れた場合)で作業をすると、畳に汚れが移ることがあります。

なお、大手の引越し業者であれば、作業員全員に新品の靴下を支給しています。このため、大手の引越し業者の作業員は、建物に入る前に靴下を交換してくれます。

ただ、引越し業者の中には、そこまで配慮していないところがありますので、なるべく事前に営業員に確認し、靴下を交換するように念を押してください。そのうえで、引越しの当日には、作業員に靴下を交換してもらってください。

靴下を交換してもらえないようであれば、畳に何か敷いてもらってください。また、お客様ご自身も、なるべく靴下を交換するようにしてください。

キズ・凹み・汚れはその場で確認・交渉

作業中に床・階段・畳のキズ・凹み・汚れを発見した場合は、すぐにその場で引越し業者に確認して、補償交渉を始めてください。

特に新居の床・階段・畳のキズ・凹み・汚れについては、引越し業者の搬入作業によるものと、引越し終了後のお客様の日常生活によるものとの区別がつきません。また、旧居の場合であっても、引越し業者の搬出作業によるものと、元からあったものとの区別もつきません。

このため、後でお客様から連絡を受けたとしても、引越し業者としては何でもかんでも素直に認めるわけにはいきません。その結果、補償交渉が難航します。

ですから、なるべく作業当日に壁をよく確認して、キズ・凹み・汚れがあった場合は、すぐに引越し業者に連絡して補償交渉を始めてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日