引越しの資材は正式な依頼の後で受け取る

現在の閲覧ページ

トップページ > 見積もりから発注までの注意点 > 資材は発注してから受け取る

資材は発注してから受け取る

スポンサード リンク

引越し業者とのトラブルとしてありがちなものは、引越し業者の営業員が勝手に資材を置いていくことです。

これは、お客様が利用すると決めていないにもかかわらず、ダンボールなどの資材を置いていくことで、引越しサービスの利用を既成事実化することを狙ったものです。

もしこのようなことがあっても、受け取りは拒否してください。

引越し業者からの資材の受け取りは「発注?」

引越しサービスに限ったことではありませんが、契約は、「申し込み」と「承諾」によって成立します。

見積書の交付は、引越し業者からの契約の申し込みに該当する可能性があります(ただし、専門的な話ですが、引越し業者からの「申し込み」ではなく、お客様からの申し込みを引き出すための「申し込みの誘引」の可能性もあります)。

見積書を渡された(=引越し業者からの契約の申し込みを受けた)後に資材を受け取るということは、「その引越し業者を利用する気がある」から受け取ったというようにみなされる可能性があります。

つまり、資材の受け取りは、引越し業者の見積もりという「申し込み」に対する「承諾」(=引越しサービスの発注)とみなされる可能性があります。

たとえサービスでも受け取らない

引越し業者の営業員のセールストークとして、資材はサービス(=無償)である旨を伝えられることがあります。しかし、サービスだからといって、その資材は受け取ってはいけません。

サービスだとしても、受け取ってしまった場合は、その引越し業者に引越しサービスを発注したことになる可能性があります。

最近では、社員教育が行き届いてる大手専業業者の営業員は、見積もりの段階では資材を置いていくことはありません。というのも、このように資材を置いていくような行為はお客様のためにならず、トラブルになることがよくわかっているからです。

このため、無理に資材を置いていくような引越し業者は、サービスの質が期待できませんので、利用を控えたほうがいいでしょう。

無理に置いた資材は引越し業者に引きとってもらう

引越し業者の営業員の中には、無理に資材を置いていく場合があります。中には、非常に強引に置いていくために、お客様が断れないような場合もあります。

このような引越し業者は、お客様の都合など何も考えていない業者ですから、利用は控えたほうがいいでしょう。

また、このような場合は、営業所や支店に電話して引き取ってもらってください。それでも応じてくれない場合は、着払いで送る方法もあります。

何もしないでそのままにしておくと、すでに述べたように、引越しのサービスを発注してしまったことになる可能性もあります。

トラブルの場合は消費者庁・国民生活センター・国土交通省へ

悪質な引越し業者の場合とトラブルになった場合は、消費者庁や国民生活センターに相談してください。

消費者庁は、消費者行政を所管する官公署として、一般的な消費者と事業者とのトラブル全般に対応してくれます。また、国民生活センターは、独立行政法人として、消費生活全般に関する苦情や問合せなどを受け付けています。

なお、場合によっては、国土交通省への苦情や相談も検討してください。国土交通省は、引越し業者の監督官庁であり、運送業の許認可権を持っている官公署です。

このため、引越し業者への影響力が非常に強く、頼りになります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日