引越し専門の中堅業者の特徴

現在の閲覧ページ

トップページ > 引越し業者の特徴 > 中堅専業業者

中堅専業業者

スポンサード リンク

中堅専業業者は、引越しのサービスのみを専門とした中堅の運送業者です。

特徴としては、大手専業業者に比べるとどうしてもサービスの品質が若干見劣りします。

他方、料金はやや安く、値引き交渉もしやすいという点があります。

梱包等は若干簡易

一般的に、中堅専業業者は、経営資本が少なく、大手専業業者に比べると設備投資が進んでいません。同様に、資材なども豊富とはいえません。特に、引越し専用の資材を備えていないことがあります。

このため、大型家財の梱包などは、若干簡易であることが多いです。

例えば、一般的な大手の引越し業者は、家具を梱包する場合に、専用の資材を使います。これに対して、中堅専業業者の中には、毛布で梱包することがあります。

この他にも、(これは実際に管理人が目撃したものですが、)ベッドマットのカバーがないため、ベッドマットを梱包せずに運ぶことがあります。

料金・料金は大手の引越し業者よりも2~3割安い

多くの中堅専業業者は、品質やサービスの独自性・差別化よりも価格を売りにしています。

このため、大手専業業者や大手物流兼業業者に比べて、値引き交渉に応じてもらいやすい特徴があります。業者にもよりますが、たいていの中堅専業業者の料金は、大手専業業者の料金と比べて、2~3割程度は安いようです。

ただし、安いということは、必ずしもお客様にとっていいこととは限りません。

引越しは労働集約的なサービス業です。このため、価格に占める人件費の金額が多い特徴があります。また、使用する資材の質や価格にも極端な差はありません。このため、価格競争にも限界があります。

相見積もりなどで値引き交渉した結果、あまりにも安くなる場合は、人件費を削っている(特に本来必要な人数を削る)可能性があります。これにより、サービスの品質が極端に悪化する可能性がありますので、注意してください。

キズが増えても気にならない場合におすすめ

一般的な中堅専業業者による引越しの場合、すでに述べたとおり、梱包が簡易である点が問題となります。

また、大手の引越し業者と比べて、人材教育が十分といえなかったり、お客様からの依頼件数が少ないために、作業員が能力や経験に問題がある能性もあります。

以上の点から、一般的な傾向として、中堅専業業者は、大手業者と比べて、事故の発生率が高い可能性があります。

このため、中堅専業業者に引越しを依頼する場合は、事故の発生に注意してください。具体的には、家具・大型家電製品などの大型家財や壁・床などにキズがつく可能性があります。

逆にいえば、老朽化した大型家財、子供がキズつけた家財、中古物件への引越しなど、キズが増えても気にならない場合におすすめです。

引越しの日程を変えることで値引き交渉を

中堅専業業者は、大手専業業者と比べて営業力や知名度が低いため、極端に暇な日があります。

専業の引越し業者にとって、お客様からの依頼がない日は、正社員の作業員やトラックを遊ばせておくことを意味します。このようなことがないように、あまりお客様からの依頼がない日には、値下げしてでもお客様からの依頼を受けようとすることがあります。

このような場合、引越し業者からは、極めて安い料金が提示されることがあります。このため、値引き交渉の際は、日程を変えることも検討してみてください。

引越し業者によっては、繁忙期のように混んでいる日に高い料金で依頼を受けるよりも、平日のように暇な日に安い料金で依頼を受けるほうを優先する場合があります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日