軽貨物(軽トラック)の引越し業者の特徴

現在の閲覧ページ

トップページ > 引越し業者の特徴 > 軽貨物業者

軽貨物業者

スポンサード リンク

軽貨物業者は、主に単身・小規模向けのサービスを専門とした引越し業者です。

特徴としては、格安の料金で利用できます。

他方、当然ながら多くの荷物は扱うことができません。また、品質は問題があることもあります。

本当に「引越し業者」か?

軽貨物事業者は、正確には、「貨物自動車運送事業者」といいます。

この点について、貨物自動車運送事業の許可を取得していない、いわゆる「モグリ」の業者もいます。このような違法行為をおこなう業者は悪質業者であるといますので、注意してください。

軽貨物事業者は、一部の専業業者を除いて、他の運送業務(特に貨物配送)を兼業しています。このため、片手間で引越し事業をおこなっている軽貨物業者の場合は、サービスの品質に問題がある可能性があります。

そもそも、軽トラックは荷台が狭く、高さも不十分であるため、積み込むことができる荷物の種類・量に大幅な制限があります。このような事情から、一般的な引越し業者は、軽トラックを使いません。

このことから、よほど営業力があって小規模の引越しを専業としている業者でもない限り、軽貨物業者は、純粋な意味で「引越し業者」とはいえないものと思われます。

貨物の配送と引越しは別物

軽貨物業者の中には、貨物の配送を専業としていることがあります。このような業務と引越しのサービスとは、似て非なるものです。

具体的には、扱う荷物の重量と形に大きな違いがあります。また、一般家庭の屋内という非常に狭い中での作業となります。

このため、引越しのサービスには、それ相応の経験と能力が必要とされます。

軽貨物業者の中には、このような引越し作業に慣れていないことあります。このため、事故などがおこりやすい傾向があります。特に、トラックの荷台への積み込み作業は、パズルのような複雑な作業です。

このため、上手に積み込まないと、運送中の落下事故が発生します。

料金・価格は格安

軽貨物業者は、一部を除いて、営業力や知名度が圧倒的に低い傾向があります。また、経営資本が弱いため、品質の追求や人材教育も限定的です。

このため、安さ・低価格を売りにしていることが多く、料金は格安です。ある意味では、最も安い料金を提示してくれる可能性があるといえます。

ただし、もとからかなり安い料金を提示されることが多いため、それ以上の値下げ交渉は難しいこともあります。

また、すでに述べたとおり、品質に問題がある可能性があるうえ、経営資本も弱いため、事故が発生した場合の補償交渉が難航する可能性もあります。

単身・一人暮らしの地場(近距離)引越しの際に検討

軽貨物業者は、家具・大型家電製品などの重い荷物が少ない場合に検討してください。というのも、軽貨物業者による引越しにとって、最も事故が発生しやすい作業が、家具・大型家電製品の運搬だからです。

このような荷物は、もともと事故が発生しやすい荷物であるうえに、軽トラックを使っている軽貨物業者にとっては、あまり扱い慣れていない荷物だからです。

このため、あまり重い荷物がない単身・一人暮らしの場合に検討してみてください。単身・一人暮らしの場合は、重い荷物は、せいぜい冷蔵庫・洗濯機程度のものですので、おすすめです。

なお、逆に重い荷物だけ(家具・大型家電製品だけ)の引越しは避けるべきです。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日