テレビの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 家電製品ごとの注意点 > テレビ

テレビ

スポンサード リンク

テレビは、家電製品の中では、高価、重い、バランスが悪い、壊れやすい、形が悪い、という引越し業者の作業員にとっては、非常に厄介な荷物です。

おそらく家電製品の中では、もっとも事故が発生しやすいものだと考えられます。

お客様自身が運ぶわけではありませんので、事故の発生を防ぐことはできませんが、事故が発生した場合の対策(補償交渉や言い逃れの防止など)はとっておくべきです。

配線等の対応は事前に引越し業者に相談

テレビの搬入・搬出で厄介な作業は、配線の取り外しと取り付けです。

これは、引越し業者によって、対応はさまざまです。特に配線の取り付けは、意外に面倒で時間がかかる作業ですから、事前に営業員に確認しておいてください。

なお、お客様が配線の取り外し、取り付けをおこなう場合、搬入先でのテレビやテレビ台・テレビボードの配置に気をつけてください。

というのも、あまり隙間なくテレビやテレビ台・テレビボードを配置してしまうと、配線の取り付けができなくなります。かといって、テレビやテレビ台・テレビボードは非常に重いため、お客様ご自身では動かせなくなる可能性があります。

このため、テレビやテレビ台・テレビボードは、ある程度隙間に余裕を持たせて配置してください。

必ず当日にキズの確認と作動確認

テレビは、ブラウン管型・薄型ともに非常に事故がおこりやすい荷物です。

というのも、テレビは、非常に重いわりには重心が低い位置にないため、転倒しやすい荷物です。しかも、全面が重いため、前に倒れる傾向があります。

このため、当日までになるべくキズの有無を確認して、できればフィルム式のカメラで写真を撮っておいてください。この写真が、「引越しの前はキズがなかった」証拠になります。

また、テレビにありがちな事故は、運んでいるときの揺れや振動による内部の不具合です。内部の不具合による故障が発生した場合は、補償交渉が難航することがあります。

テレビは揺れや振動に弱く、内部の不具合により故障しやすいものです。他方、引越しの荷物としては高価なため、引越し業者としても、簡単に補償交渉に応じてくれません。

このため、搬出の前と搬入の後に必ず作動確認をしてください。こうすることで、引越し業者から、「元々壊れていた」とか「経時劣化だ」(標準引越運送約款第23条第1号の「自然の消耗」)と主張されにくくなります。

搬出・搬入ともに無理に動かさない

すでに述べたとおり、テレビは、ブラウン管型・薄型ともに非常に重いものです。また、特にブラウン管型のテレビは、前面が重くなっていて、非常にバランスが悪いです。

このため、取扱いに慣れていないと、意外に運びにくいものです。引越し業者の作業員ですら、結構な頻度で壁に接触させてしまい、事故を起こすことがあります。

このような事情があるため、無理に動かそうとすると、テレビが転倒して、テレビが故障したり、お客様がケガしたりと、甚大な事故になりかねません。テレビの取扱いは、当日に引越し業者にまかせてください。

なお、キャスターつきのテレビ台・テレビボードを動かす場合であっても、ちょっとした衝撃でテレビが転倒することがありますので、十分に注意して取り扱ってください。

買い換え・引取りなどのサービスもある

引越し業者によっては、家電製品の販売サービスや、有料でのテレビの引取りサービスをおこなっているところがあります。

このため、古いテレビは、買い換えや引取りも検討してみてください。意外に安く済む可能性もあります。特に、地デジ未対応のテレビをお持ちの場合は、買い替えも検討してみてください。

また、引越し業者によっては、家電エコポイントにも対応しているところもあります。このため、大手家電量販店で買う場合と、あまり変わらない値段で買うことができます。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日