パソコン・プリンター等の注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 家電製品ごとの注意点 > パソコン・プリンター等

パソコン・プリンター等

スポンサード リンク

パソコン、プリンター、その他の周辺機器については、引越し業者によって、当日の対応がことなります。このため、引越し業者の営業員とよく打ち合わせをしておいてください。

また、パソコンのデータについては、補償の対象外です。このため、必ずバックアップを取っておいてください。

なお、インターネットの移転の手続きについては、プロバイダーやインターネット回線事業者にあらかじめ確認しておいてください。

配線等の対応は事前に引越し業者に相談

パソコン、プリンター、その他の周辺機器への配線の取り付け・取り外しは、引越し業者によって、対応はさまざまです。

一般的な引越し業者の場合は、配線の取り外し・取り付けともに対応していないことがほとんどです。というのも、これらの配線の取り外し・取り付けは、専門知識が必要なうえ、お客まさ個人個人によっても設定が違うため、対応しきれないからです。

このため、パソコン、プリンター、その他の周辺機器への配線の取り付け・取り外しは、原則として、お客様がおこなうものと思ってください。

なお、引越し業者によっては、有料のオプションで対応しているところもあります。このため、どうしても引越し業者に頼みたい場合は、事前に営業員に確認しておいてください。

必ず当日に作動確認

パソコンやプリンターのような精密機器は、内部の不具体による故障が非常におこりやすい荷物です。

特に、ハードディスクは、振動によって簡単に壊れてしまうことがあります。

また、内部不具合が発生した場合は、元々壊れていたのか、経時劣化によって壊れたのか、引越しの運搬の際に壊れたのかの区別がつきにくいため、補償交渉が難航します。

ですから、搬出の前と搬入の後に必ず作動確認をしてください。

こうすることで、少なくとも元から動いていなかったわけではないことが明らかになり、補償交渉もスムーズに進む可能性が高くなります。このため、できるだけ搬出時に引越し業者の作業員の立ち会いのもとで、作動確認をしてください。

必ずデータのバックアップを取っておく

引越し作業中にパソコンが壊れた場合、パソコン本体は補償の対象となります。ところが、中身のデータについては、補償の対象外です。

これは、破損したデータがどのようなデータなのかが証明しようがないため、補償金額の算定ができないからです。ですから、必ず外付けハードディスクなどのストレージに記録してバックアップを取っておいてください。

なお、バックアップを取ったストレージについては、お客様ご自身で運んでください。

データの記憶方式にもよりますが、一般的に、パソコンのデータを記録しておくストレージのデータは、非常に損傷しやすいものです。このため、本来、引越し用のトラックのような衝撃が強い乗り物で運ぶべきものではありません。

同じ理由で、ノートパソコン、ネットブック、タブレット型パソコンなどもお客様ご自身で運ぶべきです。

なお、非常に重要なデータについては、オンラインストレージなどを活用して、さらにバックアップを取ることも検討してください。

購入時のダンボールはなくてもよい

パソコンやプリンターは、購入時のダンボールがなくても、特に問題はありません。

というのも、引越し業者の作業員は、気泡緩衝材(エアーキャップ)とダンボールを使ってパソコンやプリンターを梱包することができます。このような対応で、よほどの長距離の移動でない限り、特に問題なくパソコンやプリンターを運ぶことができます。

ですから、わざわざ購入時の箱を残しておく必要はありません。

もちろん、購入時のダンボールがあることに越したことはありませんが、この場合は、ダンボールではなく、同梱されていた発泡スチロールも取っておかなければ、衝撃に対処できないため、意味がありません。

ダンボールは畳んで取っておけば問題ありませんが、発泡スチロールはそういうわけにもいきません。発泡スチロールは、場所を取るため、非常に邪魔になります。

そういう意味でも、わざわざ購入時のダンボールや発泡スチロールは取っておかなくても大丈夫です。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日