ガスコンロ・IHクッキングヒーターの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 家電製品ごとの注意点 > ガスコンロ・IHクッキングヒーター

ガスコンロ・IHクッキングヒーター

スポンサード リンク

ガスコンロ・IHクッキングヒーターは、全体を掃除をして、そのままにしておいてください。

なお、ガスコンロ・IHクッキングヒーターともに、ガスの種類や電気設備によっては、搬入先で使えないことがありますので、注意してください。

きれいに掃除しておく

ガスコンロ・IHクッキングヒーターは、全体をなるべくきれいに掃除しておいてください。また、グリルの受け皿も忘れずにチェックして掃除しておいてください。

引越し業者は、ガスコンロ・IHクッキングヒーターが汚れていても運んでくれますが、あまりいい気分はしません。

また、汚れたガスコンロ・IHクッキングヒーターは、他の荷物や建物に汚れが移る原因になります。例えば、壁紙にガスコンロ・IHクッキングヒーターが接触して油汚れがつくことがあります。

また、引越し業者の作業員が手袋を使って汚れたガスコンロ・IHクッキングヒーターを運んだ場合は、手袋についた汚れが他の荷物につくことがあります。

できれば当日に作動確認

ガスコンロ・IHクッキングヒーターは、できれば作動確認をしてください。

ガスコンロは機械製品ですので、比較的衝撃に強く、あまり内部不具合が発生することはありませんが、念のため確認しておいてください。他方、IHクッキングヒーターは電気製品ですので、内部不具合が発生することがあります。

グレードにもよりますが、特にIHクッキングヒーターは、引越しの荷物としては高価なため、引越し業者としても、簡単に補償交渉に応じてくれません。

このため、搬出の前と搬入の後に必ず作動確認をしてください。こうすることで、引越し業者から、「元々壊れていた」とか「経時劣化だ」(標準引越運送約款第23条第1号の「自然の消耗」)と主張されにくくなります。

都市ガス・プロパンガスの確認を

ガスコンロを使う場合、あらかじめ搬入先のガスの種類(都市ガス・プロパンガス)を確認しておいてください。

ガスコンロは、都市ガス用のものとプロパンガス用のものがあります。このため、ガスコンロの種類とガスの種類が対応していないと、せっかく搬入しても使うことができません。無理に使ってしまうと、事故の原因となります。

なお、ガスコンロが搬入先のガスの種類に対応していない場合は、買い替えも検討してみてください。

引越し業者によっては、ガスコンロの販売サービスや、有料で不用品の引取りサービスをおこなっているところがあります。このため、買い替えと処分が同時にできます。

IHクッキングヒーターの設置場所の確認を

荷物に据置型のIHクッキングヒーターがある場合は、必ず事前に搬入先に設置できるかどうかを確認しておいてください。

据置型のIHクッキングヒーターは、ものによっては、専用の電気設備が必要な場合があります。搬入先の電気設備が対応していない場合は、電気工事が必要となることがあります。

なお、IHクッキングヒーターの工事は、非常に簡単な工事(ブレーカーの増設)だけで済む場合もありますが、専用の電源を設置したり、電線を引き直したりと、意外に面倒な工事となることがあります。場合によっては意外と多額の費用がかかることもあります。

また、賃貸住宅の場合は、工事をする際、大家さん(家主・賃貸人)の許可を取らなければなりません。このため、事前の確認の際には、いろいろな点を確認して、最終的にどのくらいの費用で設置できるのかを確認してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日