照明・ライト・シャンデリアの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 家電製品ごとの注意点 > 照明・ライト

照明・ライト

スポンサード リンク

照明・ライト・シャンデリアなどの照明器具の準備については、引越し業者の営業員によく確認しておいてください。

一般的には取り外し、取り付け、梱包など、すべて引越し業者が対応しますが、一部の間接照明のように、比較的簡単に梱包できるものは、お客様が梱包することになります。

照明・ライトシャンデリアなどの照明器具は、全体的に割れやすい構造となっていますので、特にしっかりと梱包してもらってください。

天井の照明・ライトの脱着は引越し業者に確認

天井の照明・ライトの脱着は、引越し業者によって、対応はさまざまです。

照明・ライトの取り外し・取り付けは比較的面倒な作業で、慣れていないと照明・ライト(特にカバーの部分)を壊してしまいがちです。また、よほど身長が高くない限り、椅子や踏み台、脚立や梯子に登っての作業となりますので、転落の危険性もあります。

このため、必ず見積もりの際に、お客様ご自身が外さなければいけないのかどうかを営業員に確認しておいてください。

なお、天井の照明・ライトの取り外し・取り付けは、たいていの引越し業者が対応してくれます(有料か無料かは業者次第)。ただし、特殊な工事が必要な場合は対応してくれない場合もあります。

例えば、吹き抜けになっている2階の天井の照明などは、足場を組む必要があるため、引越し業者では対応できません。このため、このような場合は、専門の業者に依頼する必要があります。

傘やカバーの部分に特に注意

天井の照明・ライトは、電球の部分よりも、傘・カバーの部分のほうが壊れがちです。

電球も割れ物ですから壊れやすいといえば壊れやすいですが、壊れやすいだけに、引越し業者がしっかりと梱包しくれます(仮に壊れても、LED以外の電球は安いのでさほど問題にはなりません)。

ところが、一見して壊れにくそうな照明・ライトの傘・カバーの部分は、扱いが雑になってしまって、壊れることがあります。特に、シーリングライトのカバーの部分は、脱着・運搬中ともに割れやすい傾向があります。

シーリングライトを脱着する場合、意外と力が入ってしまうことがあります。このため、脱着の際に割れることがります。

また、シーリングライトは、気泡緩衝材(エアーキャップ)や毛布などで梱包して運びます。この際、ラックのドライバーの積み込みが下手な場合は、圧力がかかって、カバーが割れることがります。

シャンデリアはしっかり梱包してもらう

まれにシャンデリアをお持ちのお客様がいらっしゃいますが、これは、傘の部分がガラス製で、しかも細工が施されています。このため、非常に梱包しずらく、また、割れやすいものです。ですから、引越し業者には、必ずしっかりと梱包してもらってください。

なお、見積もりの際には、シャンデリアも荷物であることを必ずおっしゃってください。

シャンデリアは、種類によっては、引越し業者では脱着ができない場合があります。このような場合は、専門業者に脱着してもらはなければなりません。

専門業者は、たいていの引越し業者が手配してくれますが、あらかじめシャンデリアが荷物であることを申し出ていないと、すぐには手配できないことがあります。

スタンド・和風の照明・ライトは壊れやすい

スタンドの照明・ライトは、足元が弱くできています。

日常的に使うには支障はありませんが、トラックで運搬する際は、左右に揺れることで、足元の付け根の部分に強い圧力がかかります。このため、足元から曲がってしまったり、壊れてしまうことがあります。

特に、照明・ライトの部分や上の部分が重いものについては、しっかりと梱包しないと、簡単に足元が曲がってしまったり、壊れてしまうことあがります。

また、和紙でできている照明・ライトは、非常に脆いため、破れたり、傘の部分が壊れたりすることがあります。和紙の部分は非常に汚れやすいため、他の荷物の汚れが移ることがあります。

このため、和紙の照明・ライトは、引越し業者に、必ずダンボールなどで全体を覆ってもらうような梱包をしてもらってください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日