石油ストーブの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 家電製品ごとの注意点 > 石油ストーブ

石油ストーブ

スポンサード リンク

石油ストーブは、安全に運ぶために、事前に準備が必要です。

石油ストーブは危険物ですので、灯油の処分などの準備をしておかないと、引越し業者には運んでもらえません。

また、比較的振動による事故は少ないですが、灯油の液漏れによる荷物の汚れはたまにあります。

灯油が残っていると「危険品」

石油ストーブの中に灯油が残っていると、「危険品」(標準引越運送約款第4条第2項第2号)として、運んでもらえません。

万が一、火災事故や漏れによる荷物の汚れがあったとしても、補償の対象外となる可能性が高いです(後述)。

ですから、必ず事前に灯油を使い切るか、抜いておいてください。また、できれば空焚きもしておいてください。そのうえで、念のため、点火用の電池がある場合は抜いておいてください。

灯油を使い切る場合は、空焚きが最も簡単で安全な方法です。前日までにある程度使っておけば、搬出作業の間に空焚きは終わります。

また、灯油が古い場合に空焚きをすると、石油ストーブの故障の原因となります。このような場合は、ガソリンスタンドで灯油を処分してください。

灯油漏れの汚れは補償対象外?

灯油漏れの事故が発生した場合、その責任の所在によって、補償されるか補償されないのかが決まります。ただ、引越し業者が最初から最後まで梱包した場合を除いて、完全に補償されることは難しいものと思われます。

というのも、お客様ご自身が石油ストーブを梱包した場合、その梱包のミスによって他の荷物が破損したときは、補償対象外となります(標準引越運送約款第23条第8号)。

しかも、灯油が入っていたことを理由に、補償の対象外となることもあります(標準引越運送約款第24条第1項)。このため、しっかりと空焚きして灯油が漏れないようにしてください。

念のため当日に作動確認

石油ストーブは、できれば作業当日に作動確認をしてください。

石油ストーブは、地震対策のためか、比較的振動に強いため、引越しの際の振動程度では、あまり内部の不具合は発生しません。ただ、念のため確認しておいてください。

特に、オフシーズン(夏)の引越しの際には、つい作動確認をせずにそのまま搬出し、搬入先でも押入れなどに保管してしまいがちです。これだと、冬になって内部の不具合がわかったとしても、補償の対象外となる可能性が高いです。

というのも、搬入の日から3ヶ月以内に内部の不具体の連絡しないと、時効にかかってしまい、補償されなくなるからです(標準引越運送約款第25条第1項)。

紙を給油口に詰めてビニール袋で梱包

灯油を使い切り、空焚きまでしても、石油ストーブの中には灯油が残っていることがあります。このため、石油ストーブを梱包する際には、ストーブ本体の給油口に紙を詰め込んで、本体から灯油が逆流しないようにしてください。

この際、ティッシュ、トイレットペーパー、新聞紙などの破れやすい紙を詰めると、カスが残ってしまって、故障の原因となります。このため、食器梱包用の紙やクッキングペーパーなど、破れにくい紙を使ってください。心配な場合は、ガーゼなどでもいいでしょう。

また、ダンボールに梱包する前に、石油ストーブ全体をビニール袋で梱包してください。この際、なるべく2重3重に梱包してください。こうすることで、万が一、石油ストーブから灯油が漏れ出したとしても、灯油が周りに荷物ついてしまうことはありません。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日