引越しの見積もり前の注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 引越しの見積もり > スケジュール・プランを決定・検討する

スケジュール・プランを決定・検討する

スポンサード リンク

引越しをすることが決まった場合は、最初にスケジュールと利用するサービスのプランを検討し、決定します。

これらは、特に料金・価格に大きな影響を与えますので、慎重に検討してください。

日付・時間帯は引越しの料金・価格の最大の要素

引越しが決まったら、まずは実際に引越しする日付と時間帯を決めてください。

引越しの料金・価格はさまざまな要素によって決定されます。日付と時間帯は、そのうちでも最も大きな要素のひとつです。このため、まず最初に、日付と時間帯を慎重に検討してください。

なお、基本的に引越し業者は年中無休ですが、年末年始は、業者によっては営業していない場合もあります。

引越しをする理由はさまざまありますが、その理由によって、日付や時間帯の決め方がことなります。

転勤や入学・卒業のように、日付をあまり自由に決めることができない場合は、なるべく平日や午後のプランとすることで、ある程度は料金・価格を抑えることができます。

特に日程に制限がない理由の場合は、1月~2月上旬、6月、10月~11月などの閑散期を狙うことで、かなり料金・価格を抑えることができます。

状況に応じた引越しプランを選択

次に、引越し業者のサービスプランを検討します。

引越し業者が提供しているのプランは、料金もさることながら、お客様自身の作業負担もさまざまです。プランによっては、お客様にとって、非常に負担となることもあります。

このため、業者の営業員ともよく相談して、最適なプランを選択してください。

引越しプランは、準備にかけることができる手間(金銭以外の負担)や予算に応じて検討してください。

引越しの料金とお客様の手間は、トレードオフの関係にあります。このため、料金が安いプランは、お客様の手間が多く、料金が高いプランは、お客様の手間が少ないです。

できるだけ余裕を持ったスケジュールで

スケジュールを決定する際、なるべく余裕をもたせることがポイントです。

引越し当日までの準備には、意外に時間がかります。荷造りなどの直接的な作業はもとより、さまざまな手続きをおこなわなければなりません。また、場合によっては、ゴミや家財の処分などもしなければなりません。

荷物の量や準備にかけることができる日々の時間にもよりますが、少なくとも引越しの日の1ヶ月前までには業者から見積もりを取っておいてください。引越しに慣れていない場合は、2ヶ月くらいの余裕があったほうがいいでしょう。

なお、あまりにも直前になってから業者に見積もりを依頼しても、繁忙期や土日などの忙しい時期には断られる可能性がありますので、見積もりの依頼はなるべく早めにしておいてください。

荷造りはなるべく早く始める

荷物の荷造には、慣れていなければ、非常に時間がかかります。作業当日に荷造りが完了していないと、追加料金の原因となります。また、引越し当日が近づくにつれて、やらなければならないことがどんどん増えていきます。

このため、荷造りには、なるべく早く始めてください。

なお、荷造を始める際は、引越し当日までの生活必需品のことを考慮してください。食器や衣類など、生活必需品をあまりにも早い時期に梱包してしまうと、生活が不便となります。

このため、荷造りを始める際は、普段使わないものから梱包してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日