チップ・心づけは渡す?金額は?渡し方は?

現在の閲覧ページ

トップページ > 引越しQ&A > チップ・心づけは渡すべきか?

チップ・心づけは渡すべきか?

スポンサード リンク

チップや心づけは、渡す必要はありません。ただ、渡してはいけないものでもありません。

ですから、チップや心づけを渡すかどうかは、結局は、お客様のお気持ち次第です。

ただし、管理人としては、渡すことを推奨します。

チップや心づけはできるだけ渡すべき

チップや心づけは、特に渡さなければならないものではありません。しかし、引越し業者の作業員も人間ですので、チップや心づけをいただくことで、明らかにやる気が出ます。

また、こっそり作業員が有料のサービスを無料でやってくれることもあります。このため、懐に余裕がある場合は、少なくても結構ですから、渡すべきです。

懐に余裕がない場合は、飲み物を用意してもいいでしょう。

なお、「プロであればチップや心づけがなくても最善のサービスをするべきだ」、「チップや心づけの有無で態度を変えるべきではない」などという意見もあります。

確かにそのとおりではあるのですが、それはあくまで理想論で、引越し業者の作業員の実態を反映した現実的な意見とはいえません。

上手に引越し業者を利用するのであれば、やはり若干のチップや心づけを用意するべきです。

チップや心づけは作業開始前に渡す

チップや心づけは、なるべく、その日の作業開始前に渡してください。

チップや心づけを渡すタイミングは、大きく分けて作業開始前と作業完了後のふたつありますが、作業開始前に渡すのが最も効果的です。

というのも、作業開始前にチップや心づけを渡すと、作業開始直後から、引越し業者の作業員は、やる気を出して仕事をしてくれます。

また、1日で引越しを終わらせる場合は、搬出作業が終わった後で渡しても構いません。この場合は、引越し業者は、搬入作業でもやる気を出してくれます。

なお、作業が終わった後で渡しても構いませんが、少なくとも作業にはいい影響はありません。もちろん、お客様のお気持ち次第では、作業開始前と作業終了後の両方に渡してもかまいません。

チップや心づけの金額は1,000円~

チップや心づけの金額ですが、特に決まっているわけではありませんので、いくらでもかまいません。

昼食の足しにすることや、引越し業者の作業員からの感謝という意味での心理的な効果を考えると、1,000円程度でいいと思います。もちろん、お気持ち次第では、それ以上の金額でもかまいません。

なお、マナーの問題ではありますが、チップや心づけを何にも包まずに現金で渡すことはマナー違反とされています。一般的には、ぽち袋や小さな封筒などに包んで渡します。

また、そのような準備がない場合は、懐紙や、少なくともティッシュに包んで渡すようにしてください。

チップや心づけは必ず1人ひとりに手渡しで

チップや心づけを渡す場合は、必ず1人ひとりに手渡しで渡してください。

というのも、チームリーダーにまとめて渡すと、一部の悪質なチームリーダーが独り占めしてしまうことがあります。こうなると、作業開始直後から、チームワークが乱れる原因となります。

このような事情はあまり信じられないかもしれませんが、実際によくある話です。

悪質なチームリーダーにチップや心づけを独り占めされると、想像以上に他の作業員のモチベーションが下がります。場合によっては、何も渡さなかったほうがマシ、という状況にもなりかねません。

このため、心づけやチップの渡し方には十分に注意して、1人ひとりに渡すようにしてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日