洋服ダンス(ワードローブ・洋服用のたんす)の注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 家具・家財ごとの注意点 > 洋服ダンス(ワードローブ)

洋服ダンス(ワードローブ)

スポンサード リンク

洋服ダンスとは、スーツやドレスをハンガーにかけたま収納できる背の高いタンスのことをいいます。ワードローブともいいます。

一般家庭の家具としては、最も大きなもののひとつであり、また、最も背の高い家具でもあります。

このため、サイズの大きいものは、天板・底板・中央部(左右に分離)分離します。サイズの小さいものは、上下に分離します。

洋服ダンスの分解・組立は引越し業者にまかせる

洋服ダンスの分解はさほど難しい作業ではありません(組立てにはちょっとしたコツがあります)。たいていの引越し業者は、自前の工具(ドライバーや六角レンチ)で洋服ダンスの分解・組立をやってくれます。

このため、お客様ご自身が分解・組立をする必要がありません。

また、お客様ご自身の分解・組立は、洋服ダンスが倒れるなどの事故につながる可能性がありますので、ご遠慮ください。

なお、中身の洋服の梱包については、事前に引越し業者の営業員に確認しておいてください。

具体的には、①洋服を梱包するのは、引越し業者かお客様か、②梱包するのは、事前か作業当日か―の2点を確認してください。これらの対応は引越し業者によってまちまちですので、必ず確認するようにしてください。

また、洋服の梱包、開梱包の際には、手の汚れが移らないように注意し、事前に手をよく洗うか、できれば手袋を使うようにしてください。

作業場所の床・ネジ穴の付近のキズに注意

洋服ダンスの分解・組立の際にありがちな事故は、工具によるキズです。これは、別に引越し業者の作業員が故意にキズをつけるのではありません。そうではなく、作業員が、うっかり作業場所の床に工具を落としてできるキズです。

洋服ダンスの分解・組立の際には、ドライバーや六角レンチを使います。これらの工具は、回すときに手を離さなければなりません。このため、家具の分解・組立に慣れた作業員でさえ、よく落としてしまいます。

この対策として、引越し業者には、十分に床を養生してもらってください。

また、ネジ穴の周りの部分は、工具やネジの接触で、キズがつきやすい箇所です。特に、古い洋服ダンスの場合は、ネジやネジ穴が錆びてしまっていることがあり、作業員が力まかせに扱ってしまって、誤って家具のほうにキズがつくことがあります。

特に経験の浅い作業員は、工具の取扱いに注意が向かないことがあります。にもかかわらず、家具の分解は、さほど難しいことではありませんので、チームリーダーが作業員にまかせてしまうことがあります。

このような場合は、特にネジ穴の周り・床にキズがつかないかどうかをよく見ておいてください。

角・底板のキズに注意

洋服ダンスは非常に背が高い家具です。このため、曲がり角や狭い通路・廊下を通す際に、角が壁に接触することがあります。

しっかりと梱包し、養生を徹底していれば家具・壁ともにキズがつきませんが、そうでない場合や作業員が未熟な場合は、家具や壁にキズがつくことがあります。このため、特に曲がり角の壁には注意してください。

なお、洋服ダンスは、梱包する際に角に負担がかかってしまって、(特に古いものの場合)角の塗装がはげることがあります。

同じように、引越し業者が底板に本体を重ねる際に、底板の表面と本体の角とが接触して、底板にキズがつくことがあります。同様に、天板を本体に重ねる際に、本体の角に天板が接触して、本体の角にキズがつくことがあります。

このように、洋服ダンスは、「角」に注意してください。

意外に天井にキズがつくことも

たいていの大型の洋服ダンスは、天板を本体に載せてネジ止めする構造となっています。このため、洋服ダンスを組立てる際には、本体の上に重ねたうえでネジ止めします。ネジ止めした後で洋服ダンスを起こすわけではありません。

この際、天井の壁紙に天板が接触してキズがつかないように慎重に重ねなければなりません。

天板を水平の状態で保ったまま重ねていけば天井に接触することはありません。ところが、背の低い作業員がこの作業をすると、天板に角度がついてしまって、天板が天井に接触することがあります。結果として、天井にキズがつく可能性があります。

特に天井の低い部屋に洋服ダンスを搬入する場合は、気をつけてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日