整理ダンス・チェストの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 家具・家財ごとの注意点 > 整理ダンス・チェスト

整理ダンス・チェスト

スポンサード リンク

整理ダンス・チェストとは、引き出しだけのタンスです。大型のものは、上下に分離するものもあります。

一般家庭の家具のなかでは、整理ダンス・チェストは比較的小さめのものであり、冷蔵庫や和ダンスに比べて、それほど重くはありません。このため、整理ダンスの引越しでは、あまり事故が発生しません。

整理ダンス・チェストは、通常は洋服、下着、靴下などの衣服を収納するものです。

なるべく中身は空にする

整理ダンス・チェストは、冷蔵庫や和ダンスほどではないものの、本体そのものはそれなりに重いものです。

材質、サイズ、中の荷物の重さにもよりますが、整理ダンス・チェストは、原則として、中身入りで運ぶことはできません(ただし、後述のように、引越し業者によっては運んでくれる場合もあります)。

このため、できるだけ中身の洋服をすべて出して、ダンボールに梱包してください。

なお、洋服を梱包したダンボールには、洋服であることを記入してください。同時に、どの引き出しのどの位置(左・中央・右など)に入っていたのかを記入してください。

こうすることで、開梱包する際にスムーズに作業することができます。

なお、女性ものの下着を梱包する場合は、盗難防止のため、ダンボールには、他人が見ても女性ものの下着とわからないように記入しておいてください。

中身入りの場合の注意点

引越し業者によっては、中身入りで整理ダンス・チェストを運んでくれるところがあります。

実は、引越し業者としても、わざわざ整理ダンス・チェストとその中身のダンボールを別々に運ぶのは面倒ですし、余計なスペースを取られてしまいますので、中身入りで運ぶほうが都合がいい場合もあります。

このため、案外気軽に引き受けてくれる可能性もありますので、見積もりの際には、引越し業者の営業員に相談してみてください。

なお、整理ダンス・チェストを中身入りで運ぶ場合は、タンスが歪む可能性があります。老朽化したタンスであれば、開かなくなったり、最悪の場合、バラバラに分解してしまったりすることもあります。

このようなリスクをご承知のうえ、中身入りで運んでもらってください。また、中身入りで運ぶ場合であっても、貴重品だけはご自身で運んでください。

角の接触によるキズや床のキズに注意

整理ダンス・チェストは、和ダンスほど重くはなく、大きくもありません。ただ、それでも室内階段、団地の階段、廊下などの狭い箇所では、壁に角が接触する可能性があります。

このため、壁や整理ダンス・ハイチェストの角にキズがつくことがあります。特に、背が高く、上下に分割されないハイチェストには注意してください。

なお、幅の広い整理ダンスは、意外に階段や廊下を通しづらいことがあります。このため、引越し業者の作業員は、階段や廊下の曲がり角では、頻繁に床に置いて方向転換します。

この際、重い整理ダンス・ハイチェスト(特に中身入りの場合)の場合は、丁寧におかないと、床にキズがつくことがあります。

古い場合は角の塗装がはげることも

古い整理ダンス・チェストは、角の塗装がはげかかっていることがあります。このような場合、梱包する際に角に負担がかかってしまって、塗装がはげることがあります。

たいていの引越し業者は、そうならないように配慮して梱包をしてくれますが、念のため気をつけてください。

なお、古くない整理ダンス・チェストであっても、湿気や塗装のしかたによっては、意外に塗装がはげてしまうことがあります。

特に湿気のこもりやすい部屋の角などに、隙間なく置いていた整理ダンス・チェストの場合などは、水分を吸ってしまって、塗装がはげやすくなることがあります。

このため、特に湿気の多い部屋に置いていた場合は、比較的新しい整理ダンス・チェストであっても、角の塗装に注意してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日