衣装ケースの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 家具・家財ごとの注意点 > 衣装ケース

衣装ケース

スポンサード リンク

衣装ケースは、フタ式か引き出し式のプラスチックのケースです。文字どおり、衣装を保存しておくものであり、本来は他のものを入れるものではありません。

一般的には押入れの中に入れて使うものですが、場合によっては部屋に置く場合もあります。

古いものであれば、紙製や金属製のものもあります。

また、キャスターがついていることがあります。

そのまま引越し業者にまかせる

引越し業者は、衣装ケースをそのまま運んでくれます。このため、中身を出す必要はありません。

また、運ぶ際に引き出しが出るたり蓋が取れる可能性がありますが、引越し業者作業員は、そうならないように上手く運んでくれます。

このため、わざわざ紐で縛ったり、ガムテープなどを貼ったりして対処する必要もありません。

ただ、経験が浅いアルバイトや派遣社員が衣装ケースを扱った場合、引き出しが出たり蓋が開いたりしてしまって、中身が飛び出てしまうこともあります。不安な場合は、紐で縛ったり、テープでフタや引き出しを固定したりしてください。

ただし、テープで固定する場合は、養生テープか布テープを使ってください。ガムテープ(紙製のクラフトテープ)を使うと、はがれなくなったり、接着剤の跡が残ったります。

衣装ケースには衣類や布製品以外は入れない

衣装ケースには、衣類や布製品以外の荷物を入れないでください。

たまに本や書類を衣装ケースに入れているお客様がいらっしゃいますが、これでは、かなり重くなります。このような場合、かなりの確率で衣装ケースが破損してします。このため、重い荷物は出してしまって、別に梱包してください。

また、衣装ケースには、絶対に割れ物を入れないでください。

狭い廊下や階段を通る場合、衣装ケースを縦にして運ぶことがあります。この際、割れ物が入っていると、割れてしまうことがあります。

特に、おもちゃが衣装ケースに入っていると、意外に壊れてしまいます。これは、間にフェイスタオルや靴下などを挟んでもほとんど意味がありません。このため、おもちゃは必ず出して別に梱包してください。

キャスターに注意

プラスチックの衣装ケースには、キャスターがついているものもあります。

キャスターには、衣装ケースの重量が集中するため、非常に折れやすい状態になっています。特に、トラックでの運搬中の揺れで折れることがあります。

このため、たいていの引越し業者は、衣装ケースのキャスターを外して運びます。ただ、このような処置は意外に時間がかかりますので、トラックのドライバーによっては、キャスターがついた状態でも問題なく運んでくれることもあります。

なお、衣装ケースのキャスターは、意外とよくなくなります。このため、衣装ケースからキャスターを外して運んだ場合は、キャスターの紛失に注意してください。

また、キャスターをつけたまま運んだ場合は、搬入後にキャスターが折れていないかどうかをチェックしてください。

古い場合は割れることも

古い衣装ケースは、経時劣化でもろくなっていることがあります。この場合は、中身入りで運ぶと割れることがあります。

特にプラスチック製の衣装ケースは、かなり割れやすい傾向があります。これは、古くなっているものもそうですが、新品であっても、意外に割れます。

また、金属製の衣装ケースは、凹んだり歪んだりすることもあります。特に中身が重い引き出しつきの衣装ケースの場合は、大きく歪んでしまって、引き出しが開かなくなることすらあります。

中身が空であったとしても、経時劣化やサビによって、簡単に歪んでしまうことがあります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日