鏡台・ドレッサーの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 家具・家財ごとの注意点 > 鏡台・ドレッサー

鏡台・ドレッサー

スポンサード リンク

鏡台・ドレッサーは、女性が化粧をするための、小型の机のような家具です。通常は、大きな鏡がついています。

和式にものと洋式のものがありますが、最近は、ほとんどが洋式のものとなっているようです。

引越し業者にとっては、鏡台・ドレッサーは意外に扱いづらい荷物であり、このために事故も意外に発生します。

分解・組立は引越し業者にまかせる

鏡台・ドレッサーは、比較的簡単に分解・組立できます。

たいていの場合は、鏡がはめ込み式になっていて、鏡を引きぬくだけで分解することができます。ただし、ものによっては、ネジ止め式になっていて、意外に面倒な場合があります。

また、鏡の部分に照明がついている場合は、取り扱いには注意が必要です。

照明そのものはネジで止まっていますので、ドライバーで簡単に外すことができます。ただ、照明は割れ物ですし、鏡台・ドレッサーの照明は他の照明と比べて複雑な構造となっています。

このように、鏡台・ドレッサーは意外に取扱いが面倒ですので、分解・組立は、引越し業者にまかせください。

なるべく中身は空にする

鏡台・ドレッサーの中には、さまざまな物が入っていると思います。

中身は人それぞれでしょうが、ハンカチやスカーフなどの軽い布製品以外は、なるべく出してダンボールに梱包してください。また、洋式の鏡台・ドレッサーの場合は、椅子の中にも荷物を入れることができますので、忘れずに取り出しておいてください。

なお、鏡台・ドレッサーには、現金、有価証券、宝石貴金属、預金通帳、キャッシュカード、印鑑等の貴重品が入っていることがありますが、これらは、お客様ご自身で運んでください。

というのも、これらの貴重品は、引越し業者が貴重品であると知らずに運んだ場合は、補償の対象外となることがあります(標準引越運送約款第24条第1項)。

また、これらの貴重品は、引越し業者には運んでもらえません(標準引越運送約款第4条第2項第1号)。

液体の化粧品などの割れ物は必ず出す

液体の化粧品が入った割れ物は、必ず出して、割れないように食器梱包用の紙や新聞紙で梱包してください。

そのうえで、割れてもいいようにビニール袋で二重三重に梱包して、小型のダンボールに隙間なく入れて梱包してください。

というのも、化粧品が割れた場合、化粧品そのものが使いものにならなくなります。また、それ以上に、割れた化粧品が液漏れしてしまって、他の荷物も汚れてしまう可能性があるという点です。

割れた化粧品が家具に付着してしまうと、汚れがついてしまって、しかもその汚れが落ちなくなることがあります。

また、家具ではなく家電製品の内部にまで浸透してしまうと、故障の原因となります。

鏡・ガラス・照明に注意

鏡台・ドレッサーには、大きな鏡、ガラスの板、特殊な形の傘がついた照明など、割れ物がついています。これらは、どれも形が特殊で、扱いにくいものです。

ですから、転倒や梱包不良による破損に注意してください。特に鏡は、転倒しやすく、事故が発生しがちです。

というのも、鏡台・ドレッサーの鏡は、ほとんどがはめ込み式になっていますので、鏡の下の部分(挿入部分)が上の部分に比べて細くなっています。しかも、鏡ですので、それなりの重さがあります。

このため、立てかけて置いた場合、非常に不安定で倒れやすく、転倒して割れてしまうことがよくあります。また、転倒しないように倒しておくと、踏んでしまって割れることもあります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日