メタルラック・スチールラックの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 家具・家財ごとの注意点 > メタルラック・スチールラック

メタルラック・スチールラック

スポンサード リンク

メタルラックやスチールラックは、金属製の棚です。

引越しの際、これらの取扱いは、大きさによって、かなり変わってきます。特に、分解するべきかどうかが重要です。

ですから、取り扱いについては、必ず見積もりの際に、引越し業者の営業員に確認を取っておいてください。

原則として分解しなくてよい

大型のメタルラック・スチールラックは、基本的には分解することなく、そのまましておいて結構です。

引越し業者のトラックのドライバーは、メタルラックやスチールラックのスペースにダンボールなどの軽い荷物を載せていきます。その結果、メタルラック・スチールラックの間のスペースも、デッドスペースになりません。

ただし、引越し業者の方針やドライバーの能力によっては、スチールラック・メタルラックのスペースに荷物を載せないこともあります(つまり、ドライバーの腕次第ということです)。

このような場合、かなりスペースが無駄になります。このような積み方であれば、メタルラック・スチールラックを多くお持ちのご家庭の場合は、トラックのサイズ(=値段)に影響が出るかもしれません。

このため、見積もりの際に営業員に確認して、なるべくメタルラック・スチールラックのスペースを無駄にしない引越し業者を選んでください。

分解すると料金が安くなるかも…

上記のように、大型のメタルラック・スチールラックは、積み込みの際に工夫することでデッドスペースになりません。このため、実はこれらのメタルラック・スチールラックは、分解しても引越しの料金は変わりません。

もっとも、これも引越し業者によって対応が異なりますので、必ず見積もりの際に営業員に聞いておいてください。

なお、間に荷物が入らないサイズのメタルラック・スチールラックであれば、分解することでスペースを省くことができます。このような場合、引越しの料金が安くなることもありえます。

ただ、荷物が間に入らないくらいのサイズのメタルラック・スチールラックであれば、分解したとしても省くことができるスペースもたかが知れています。

このため、よほど多くのメタルラック・スチールラックをお持ちでない限り、料金が安くなることは期待できません。

室内で組み立てた場合は必ず見積もりの際に申告する

大型のメタルラック・スチールラックは、実は一般家庭の荷物の中では、最も建物に入りにくい荷物のひとつです。

というのも、大型のメタルラック・スチールラックは、背が非常に高く、幅も広いため、ドアの入り口の部分で曲がらないことがあります。

特に、マンションに搬入する場合、大型の本棚は、設計によっては、エレベーター、玄関、廊下、階段、ドアの入り口にひっかかって、通らないことがあります。

このような事情があるため、見積もりの際に、引越し業者の営業員には、大型のメタルラック・スチールラックをどのように搬入したのかを必ず伝えておいてください。

特に、室内で組立てられた大型のメタルラック・スチールラックは、意外に建物や部屋からそのままは出ない可能性もあります。

このため、分解や窓吊り作業が必要となることがあります。ですから、見積もりの際に、引越し業者の営業員には、室内で組み立てた旨を伝えてください。

キャスターに注意

メタルラック・スチールラックには、キャスターがついているものもあります。

メタルラック・スチールラックは比較的重いものを載せることが多いため、他の家具のキャスターに比べて頑丈な作りにはなっています。ただ、そうはいっても、トラックで運ぶ際の衝撃までは考慮されていません。

このため、場合によっては、キャスターが折れてしまう可能性もあります。

このようなことがないように、たいていの引越し業者は、メタルラック・スチールラックのキャスターを外して運びます。ただ、引越し業者によっては、キャスターを外さずにそのまま運ぶこともあります。

ですから、搬入後にキャスターが折れていないかどうかをチェックしてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日