ベッドの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 家具・家財ごとの注意点 > ベッド

ベッド

スポンサード リンク

ベッドには、組立式のベッドと、折りたたみ式のベッドがあります。いずれの場合であっても、当日、引越し業者にすべてまかせることになります。

また、ベッドは、意外に事故が発生しやすい家具でもあります。このため、事故が発生しても補償が受けられるように、しっかりと対策をしておくことが重要です。

分解・組立は引越し業者にまかせる

組立式のベッドの分解そのものは、さほど難しい作業ではありません。ただ、いろいろと動かしたりベッドマットを外したりと、意外に体力を使います。

また、上手に分解しないと、床や部品にキズがつきます。

ですから、分解・組立は、引越し業者にまかせください(もちろん、布団は梱包してください)。

なお、引き出しがついているベッドの場合は、引き出しの中身をすべて出しておいてください。

ベッドは、完全に分解して運びますので、中身入りで運ぶことはできません。たいていの場合は、ベッドの引き出しには衣類やシーツ・タオルなどの布製品が入っているでしょうから、ダンボールに入れて梱包してください。

ベッドマットは梱包してくれる?

ベッドマットは、引越し業者が当日に専用のカバーで梱包して運びます。

このカバーですが、寝具であるベッドマットを梱包する資材ですから、使い捨ての場合があります。ただし、これについては、引越し業者によっては、経費削減のために使い捨てでないカバーを使っていることもあります。

一度他人の寝具を梱包したベッドマットカバーを使って欲しくない場合は、あらかじめその旨を引越し業者の営業員に伝えておいてください。

なお、引越し業者によっては、ベッドマットを梱包せずに、そのままの状態で運ぶこともあります。特に、料金が安い中小企業の引越し業者にありがちです。

しかし、ベッドマットは寝具ですので、汚れが気になることもあると思います。

このため、気になる場合は、見積もりの際に、引越し業者の営業員にベッドのマットを梱包してくれるのかどうかを確認しておいてください。

作業場所の床や部品のキズに注意

組立式のベッドは、連結部分が金具になっています。組立式のベッドは、分解する際に、どうしても金具を床に置かなければなりません。

この際、ベッドの部品を乱暴においてしまうと、床にキズがついてしまうこともあります。

このため、フローリングの部屋でベッド分解・組立をする場合は、引越し業者の作業員に床を保護する養生用のマットや毛布などを敷いてもらって、床にキズがつかないようにしてください。

ベッドの部品は、形が特殊であるため、非常に梱包しにくいものです。このため、引越し業者が丁寧な梱包をせずに、薄い梱包で運んでしまうことがあります。

ですから、すべての部分の表面のキズに注意してください。ただし、ベッドはもともとキズがつきやすい家具ですから、補償交渉は難航する可能性があります。

折りたたみ式のベッドは破損しやすい

折りたたみ式のベッドについても、引越し業者が折りたたんで運んでくれますので、そのままにしておいてください(もちろん、布団は梱包してください)。間違って分解してしまうと、組立ができなくなる場合があります。

また、準備の都合で折りたたむ場合は、指を挟んだりして怪我をしないようにしてください。

なお、折りたたみ式のベッドは、非常に破損しやすい家具です。

折りたたみ式のベッドは、形が複雑で、トラックによる運搬には向いていません。また、引越し業者の資材では、工場から出荷する際のような梱包まではできません。

このため、引越し業者のドライバーが上手にトラックに積み込まないと、トラックで運んでいる際に、事故が発生することがあります。

本来であれば、折りたたみの式のベッドは、たたんだ状態で、キャスターを上に向けて、つまり逆さまに積み込まなければなりません。こうしないと、キャスター部分に負担がかかり、キャスターが折れたり、形が歪んだりする事故が発生します。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日