学習机の注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 家具・家財ごとの注意点 > 学習机

学習机

スポンサード リンク

学習机は、子供用の木製の机です。

たいていは、上下(机の部分とブックスタンド・本棚の部分)に分離するタイプです。

学習机は非常に多くのバリエーションがあり、ものによっては、非常に面倒な作業をしなければならないものもあります。

分解・組立は引越し業者にまかせる

学習机は、ドライバーや六角レンチだけで分解できます。場合によっては、工具なしでも分解できることもあります。

ただ、子供の保護のためか、たいていの学習机は、特殊な器具で連結されていて、他の家具のように、単純にネジで止まっているわけではありません。

また、学習机は、それぞれ構造がまったく違います。引越し業者の作業員であっても、自分で分解したものでないてと、組立てることができなくなる可能性もあります。

このため、お客様が分解してしまうと、引越し業者が組立てることができなくなる可能性もあります。ですから、分解・組立は、引越し業者にまかせください。

必ず中身は空にする

学習机の中身は、教科書やノートなど、紙製の重いものが中心です。また、学習机自体も、分厚い木の板でできているため、意外に重いものです。

このため、引き出しに中身が入ったままでは、運ぶことはできません。引き出しの中身は、必ず取り出してダンボールに梱包してください。

なお、中身の梱包については、必ず作業当日までに終わらせるにしてください。

多くのご家庭の場合、お子様の教育のためか、お子様に荷物の梱包をさせていることがあります。この場合、たまに作業当日になっても梱包が終わっていないことがあります。

梱包が終わっていないと、引越し業者の作業に支障が出る可能性がありますので、必ず作業当日までには机や引き出しの中身の梱包を終わらせてください。

意外に上部が壊れやすい

学習机の上部(ブックスタンド)は、構造的に、前の方向に倒れやすくできています。このため、転倒による破損があります。

特に、前に照明がついているタイプのブックスタンドが倒れると、衝撃で照明や傘の部分がわれてしまうこともあります。

また、ブックスタンドの構造によっては、非常に複雑な形の照明がついていることがあります。このような複雑な照明は、運び方によっては、壁や他の家具に接触して、キズがつく事故の原因となることがあります。

以上の点から、学習机に関しては、特に照明の事故に気をつけてください。

角・天板のキズや壁のキズに注意

学習机の下部(机の部分)は、構造上、天板が外にせり出ていますので、どうしても天板の角の部分が壁と接触しやすい傾向があります。このため、角の部分にキズがつくことがあります。

また、トラックに積み込む際には、たいていは天板の上に何かを載せますから、天板もキズがつきやすい傾向があります。

さらに、廊下が狭い場合は、ドアノブに接触して凹みができてしまうこともあります。

また、学習机の机の部分は、幅が広く、一定の高さもあるため、どのような運び方をしても、廊下やドアの入り口で壁に接触する可能性があります。特に、曲がり角では、壁に接触するかしないかという、ギリギリの状態で曲がらければなりません。

このため、搬入・搬出の際のドアや壁のキズについても、注意してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日