自転車・原付・バイクの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 家具・家財ごとの注意点 > 自転車・原付・バイク

自転車・原付・バイク

スポンサード リンク

自転車・原付・バイクなどの二輪車については、引越し業者によって対応が異なります。

たいていの引越し業者は運んでくれますが、場合によっては、運んでくれないところもあります。

なお、自転車・原付・バイクは意外にスペースを取るため、料金が高くなる原因となります。

意外にスペースを取る荷物

自転車・原付・バイクは、実際にトラックに積み込んまれている状態を見るとわかりますが、非常に積みにくくてスペースを取る荷物です。しかも、他の荷物を積み上げることができませんし、他の荷物の上にも積み上げることができません。

このため、場合によっては、自転車・原付・バイクがあることで、トラックのサイズを一回り大きくしなければならなくなり、それだけ料金が高くなる原因となります。

そういう意味では、搬入先が近い場合は、自分で乗って運んだほうが安い料金ですむことがあります。特に、原付・バイクは、かなりトラックの荷台の場所を取る一方で、自転車に比べて、移動は大変ではありません。

このため、原付・自転車については、ご自分で乗って運ぶことも検討してみてください。ただし、ある程度引越し先に距離があり、搬入作業に遅れる可能性がある場合は、引越し先での作業が終わった後にしてください。

原付・バイクはガソリンを抜いておく

原付・バイクを引越し業者に運んでもらう場合は、必ずガソリンを抜いておいてください。そうしなければ、「危険品」(標準引越運送約款第4条第2項第2号)と扱われてしまいます。

このような「危険品」については、引越し業者には運んでもらえません。ですから、ガソリンを使い切るか、抜いておいてください。

なお、古いガソリンについては、専門の廃棄物処理業者に引きとってもらってください。ガソリンスタンドでも扱ってくれることがありますが、そのガソリンスタンドの設備やサービスによっては断られることがあります。

このため、ガソリンスタンドに処分を依頼する場合は、事前に電話などで確認したうえで依頼してください。

自転車は処分・買い替えも検討する

自転車は、場合によっては、処分して買い換えた方が安くつく可能性があります。

最近では、普通の自転車(いわゆるママチャリやシティサイクル)の価格が安くなっています。このため、処分する費用と新しい自転車の値段を考えると、引越し業者に運んでもらうよりも、お得な可能性もあります。

古くて老朽化した自転車がある場合は、これを機会に買い換えることも検討してください。

また、子供の自転車がある場合は、お子様の成長に合わせて、買い換えることを検討してください。特に小学生のお子様の場合は、すぐに買い換えることになる可能性があります。

子供用の自転車は、比較的スペースを取らないものの、プラスチックの部品が多いため、意外に壊れやすい傾向があります。当然ならが、引越しの作業で壊れてしまった場合は補償の対象となりますが、引越し業者と補償交渉をしなければなりません。

このような点からも、子供用の自転車の買い替えを検討してみてください。

スポーツ用の自転車に要注意

いわゆる、ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクなどのスポーツ用の自転車は、トラックでの運搬には向いていません。

というものも、これらのスポーツ用の自転車は、部品によっては壊れやすい箇所(特にリアのディレイラーなど)があります。しかも、部品そのものは非常に高価です。

ところが、多くの引越し業者や運送業者のトラックのドライバーは、このような事情を知りません。このため、乱暴な扱いを受けてしまって、部品が損壊してしまうことがあります。

以上の点から、スポーツ用の自転車については、搬入先がすぐそこの場合は当日、搬入先までやや距離がある場合は別の日に、ご自分で乗って運ぶことをおすすめします。

また、搬入先が遠い場合は、電車などの公共交通機関で輪行されることをおすすめします。この場合、通常は、公共交通機関の運賃以外には追加料金がかかりませんので、検討してみてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日