必ずご近所へあいさつする

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬入作業の注意点 > あいさつ

あいさつ

スポンサード リンク

搬入作業の際のあいさつは、搬出作業の際のあいさつ以上に、非常に重要です。これから住む場所でのあいさつですから、最初からトラブルにならないようにも、慎重にあいさつしてください。

必ずご近所にあいさつする

搬入作業を始める前には、必ずご近所にあいさつしてください(ただし、一人暮らしの女性の場合は防犯上、あいさつしないことも検討してください)。建物の種類、構造、階数にもよりますが、引越し作業中は、かなりの騒音(特に階段作業があるアパートや団地などの集合住宅の場合)が発生します。あいさつは、このような迷惑をかけるお詫びも兼ねています。特に社宅の場合は、同じ企業の社員ですので、全部屋にあいさつするのが無難です。

あいさつの際には、何か粗品を持って、ご迷惑をかける旨をあらかじめ伝えておいてください。粗品は、高価なものである必要はありません。お菓子、ハンドタオルなど簡単なもので結構です。昔ながらの蕎麦でもいいでしょう(ただし、アレルギーの問題や調理が面倒という理由であまり好まれないこともありますが)。

できれば引越し業者にもあいさつさせる

大手の引越し業者などは、社員教育が行き届いているため、チームリーダーが搬入先でご近所にあいさつをしてくれます。また、引越し業者独自の粗品(販促品を兼ねています)なども用意しているところもあります。このように引越し業者があいさつすることで、作業の騒音などによるクレームを事前に防止することができます。

ただ、すべての引越し業者があいさつをおこなっているわけではありません。特に、中小の引越し業者の中には、サービス業としての意識が薄く、近所の方々への態度も横柄なこともあります。このような場合は、近所の方々とトラブルになることがありますので、トラブル防止のためにも、できれば引越し業者にもあいさつしてもらってください。

店舗等へのあいさつは特に慎重に

近くに事業者の店舗や事務所がある場合は、一般家庭以上に慎重にあいさつしてください。特に、店舗や事務所の前や入り口にトラックを駐車せざるを得ない場合は、必ず店舗の責任者に同意を得たうえで駐車してもらってください。このように同意を得ずに駐車してしまうと営業妨害となってしまうことがあります。

特に、搬入先の建物がマンションやアパートの場合、1階が事業者の店舗や事務所になっていることがあります。マンションやアパートの構造によっては、この店舗や事務所の目の前に引越し業者がトラックを駐車しなければならないことがあります。このような場合には、必ず挨拶をして駐車の許可を取ってください。そうしないと、最悪の場合、警察に通報されることもあります。

不在の場合の対応

ご近所が不在の場合は、置き手紙や挨拶状などを投函しておくか、帰ってきた際にあいさつしてください。このような対応をすることで、搬入作業の途中で帰ってきた場合であっても、あまり心証が悪くなることはありません。逆に、何もしないまま作業を続けていると、後でクレームやトラブルにつながる可能性があります。

なお、ご近所が不在の場合であっても、搬入作業が終わった後で結構ですので、なるべく早めにあいさつしてください。時間的には、当日あまり遅くならない時間(午後8時頃まで)か、翌日くらいまでがいいでしょう。あまり遅くなると、相手が不安になったり、相手の心証を悪くする可能性もありますので、注意してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日