搬入作業での家具搬出作業の注意点は?

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬入作業の注意点 > 家具搬入作業

家具搬入作業

スポンサード リンク

養生作業が終わり、外回り品をトラックから降ろしたら、いよいよ荷物の搬入開始です。まず始めに、家具や大型の家電製品から搬入します。この際、スムーズに配置を決めてください。

家具・大型家電製品の配置の打ち合わせ

養生作業が終わると、いよいよ荷物の搬入が始まります。まず最初に、引越し業者のチームリーダーとおおまかな荷物の配置について打ち合わせをおこないます。荷物の搬入作業は、搬出作業以上に流れ作業でおこないます。このため、最初の打ち合わせである程度荷物の配置を決めておいて、スムーズな作業ができるように配慮してください。

なお、家具や大型家電製品の配置は、準備の段階であらかじめ決めておいてください。現地でその都度決めていると、無駄に時間がかかってしまいます。また、大型家具や大型家電製品については、壁からの距離や、隣の家具との距離など、細かな点も決めておいてください。

階段作業に特に注意

一戸建ての2階への荷物の搬入の場合や、古いマンション・アパート・団地への荷物の搬入の場合は、階段作業に特に注意してください。これらの階段は狭くなっていることが多いため、壁への接触による事故が発生しやすくなっています。特に、冷蔵庫、洋服ダンス、本棚などの背の高い家具は、壁に接触しやすいので、キズに注意してください。

また、一戸建ての室内階段については、階段の手前の床と踊り場の床に注意してください。この箇所は、階段とそこにつながる廊下の構造によっては、家具をいったん床に置くことになります。この際、重い家具や冷蔵庫などは、そっと丁寧に置かないと、たとえ床を保護する養生用のマットを敷いていても、床にキズがついてしまうことがあります。

家具の組立作業に注意

洋服ダンスやベッドなど、組立てが必要な家具については、組立作業をおこないます。この際、特に床にキズがつかないように、引越し業者に床を保護してもらってください。金具との接触や、工具の落下などで、意外と床にキズがつくことがあります。

特に組立式のベッドは、連結部分が金具になっています。ベッドは、組立てる際に、どうしても金具の部分を床に置かなければなりません。このため、フローリングの部屋でベッドを組立てる場合は、床を保護する養生用のマットや毛布などを敷いてもらって、床にキズがつかないようにしてください。

すぐに冷蔵庫の電源を入れない

冷蔵庫は、設置が終わった後でも、すぐには電源を入れないでください。当日、引越し業者のチームリーダーから伝えられるとは思いますが、すぐに電源を入れると、故障することがあります。このため、設置から1時間から2時間程度は経ってから電源を入れるようにしてください。

なお、最新式の冷蔵庫については、特に問題がないものもあるようです。ただ、これは運搬の状態によりますので、どんな冷蔵庫でも問題ないというわけではないようです。特に、引越しの運搬の際には、冷蔵庫は倒して運ぶのがあたりまえですので、設置後の状態は、冷媒やオイルの状態が安定していないことが多いため、最新式のものであっても、すぐに電源を入れるべきではありません。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日