家具・家電製品の窓吊り作業の注意点は?

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬入作業の注意点 > 窓吊り作業

窓吊り作業

スポンサード リンク

2階に家具や冷蔵庫を搬入する場合、これらが階段を通らないことがあります。この場合、窓から吊り上げる、いわゆる窓吊り作業をしなければなりません。搬入作業での窓吊り作業は、搬出作業での窓吊り作業以上に事故が起こりやすいですから、注意してください。

家財・家ともにキズの確認

窓吊り作業では、家具・冷蔵庫と家の壁・手すりとが接触することがあります。ですから、作業を始める前に、吊り上げる作業場所のキズの有無を確認してください。特に、冷蔵庫のように極端に重い家具を吊り上げる場合は、非常にキズがつきやすいため、より念入りに作業場所をチェックしてください。また、作業が終わったら、吊り上げた場所・家具・冷蔵庫のキズの有無を確認してください。

また、家具・冷蔵庫は、よほど特殊な状況でもない限り、背中の部分を壁に当てて吊り上げていきます。このため、背中の部分にキズがつくことがあります。背中の部分は普段目にする部分ではありませんので、あまり気にならないかもしれません。ただ、もしキズがついてしまうと気になるようでしたら、よく注意してください。

最も甚大な事故になりやすい作業

窓吊りによる家具・冷蔵庫の吊り上げは、引越し業者の作業員にとっては最も大変で困難です。また、荷物の落下による甚大な事故につながる可能性がある作業でもあります。ですから、引越し業者に無理をさせないように気をつけてください。

引越し業者の作業員は、良くも悪くも仕事に対するプライドがあり、困難な状況でも作業を成し遂げようとします。ただ、このプライドが無理な窓吊り作業となり、結果として事故につながることがあります。特に、建物(ベランダの手すり・窓枠など)・家具・冷蔵庫に負担がかかる形で無理をしてしまうと、結局事故になってしまいます。このため、無理そうな状況の場合は、チームリーダーや支店・営業所とよく相談するようにしてください。

できるだけハシゴを使ってもらう

窓吊り作業には、引越し業者、支店・営業所、チームリーダーによって、さまざまな方法があります。ですが、クレーン車や高所作業車を使う場合を除いて、基本的には人力で吊り上げます。しかも、たいていはロープ一本で吊り上げます。ただ、ロープだけで吊り上げると、当然ながら吊り上げる作業員に非常に負担がかかります。

このため、ロープだけでなく、なるべくハシゴを使ってもらって、安全に作業してもらってください。なお、引越し業者の中には、ハシゴをトラックに積んでいないことがあります。これは、ハシゴのぶんだけ荷物が積めなくなるからです。ただ、安全には替えられませんので、なるべく見積もりの際に、新居での窓吊りではハシゴを使ってもらうように営業員にお願いしておいてください。

古い家は要注意

古い一軒家での窓吊り作業の場合は、さらに注意が必要です。特に、屋根に登らないと吊り上げの作業ができない場合は、事故が発生する可能性がかなり高いです。例えば、屋根がトタンや瓦の場合は、引越し業者の作業員が上に乗ったり、吊り上げの際に踏ん張ることで、トタンに穴が空いたり、瓦が割れたりすることがあります。また、雨どいがある場合は、雨どいに負担がかかってしまって、結果的に雨どいが外れることがあります。

なお、屋根の上で窓吊り作業をする場合、引越し業者の作業員が落下する事故が発生することもあります。作業員の落下事故があった場合は、引越しどころではなくなります。このため、屋根の上での窓吊り作業の場合は、引越し業者の作業員には、安全帯や命綱を使ってもらって、安全第一で作業してもらってください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日