引越し業者の休憩の際の注意点は?

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬入作業の注意点 > 休憩

休憩

スポンサード リンク

家具・大型家電製品の搬入作業や窓吊り作業が終わった後は、休憩時間(10分程度)となります。特に急いでいる場合を除いて、引越し業者には、なるべく休憩を取ってもらってください。実は、わざわざ時間を取るだけの理由があります。

家具搬入後は著しく腕力が落ちる

休憩は、主に引越し業者の作業員の体力を回復させるために取るものです。家具搬入作業は、腕が非常に疲れます。特に窓吊り作業は、腕が上がらなくなるくらいです。また、階段での作業がある場合も、長時間重い家具・大型家電製品を運ぶため、腕が非常に疲れます。

このような状態で作業を続けると、その後のダンボールなどの小型の荷物の搬入作業にも影響がでます。腕が疲れた状態で食器や本が入った重いダンボールを持つと、腕に力が入らず、ダンボールを落としてしまうこともあります。ですから、その後の作業で事故を発生させないためにも、休憩を取ってもらってください。

飲み物かチップ・心づけを

特に必要というほどではありませんが、引越し業者には、なるべく、飲み物の差し入れか、チップ・心づけを差し上げてください。引越し業者の作業員も人間ですから、飲み物やチップ・心づけがある場合は、非常に嬉しいものです。本来はあまり褒められたものではありませんが、このようなお客様の気遣いによって、休憩後の作業のやる気に良い影響が出ることもあります。

なお、夏の場合は、特に熱中症に気をつけてください。お客様ご自身は当然のことながら、引越し業者の熱中症にも気をつけてください。引越し業者の作業員が熱中症にかかってしまうと、作業ができなくなってしまいます。このため、夏の休憩の際には、なるべく冷たい飲み物の差し入れるようにしてください。

休憩中に家具・壁・床のキズをチェックする

引越し業者の作業員が休憩している間に、壁・床・家具のキズをチェックしておいてください。家具搬入作業は、最も壁・床・家具にキズがつきやすい作業です。配置が終わった家具と、養生資材の怪しい箇所や、階段・曲がり角などのキズがつきやすい箇所を重点的にチェックしてください。また、家電製品には電源を入れて、作動確認をしてください(ただし、冷蔵庫は時間が経ってから電源を入れてください)。

もし壁・床・家具にキズ・凹み・汚れがあった場合や家電製品に不具合・故障があった場合は、すぐに引越し業者のチームリーダーにそのことを伝えてください。また、その後の作業は中断して、その場で補償交渉をしてください。その場で補償交渉をせずに後で引越し業者に連絡した場合は、補償交渉が難航することがあります。最悪の場合、時効によって、補償してもらえなくなる可能性があります。

家具の配置をチェックする

特に家具・壁・床にキズ・凹み・汚れがない場合は、家具の配置に問題がないかどうかを再度チェックしてください。小型の荷物の搬入が始まってしまうと、家具の配置のやり直しはできなくなります。もし配置を変えたい場合は、引越し業者の休憩が終わってから、すぐに申し出てください。

なお、引越し業者によっては、引越しが終わった後に無料で家具を移動してもらえるサービスを提供しているところもあります。このような引越し業者を利用した場合は、部屋の模様替えなども無料で手伝ってくれます(ただし、家具の移動だけですが)。家具の移動は意外と大変な作業ですので、このようなアフターサービスをしてくれる引越し業者を利用してもいいのではないでしょうか。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日