搬入作業での小物搬出作業の注意点は?

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬入作業の注意点 > 小物搬入作業

小物搬入作業

スポンサード リンク

休憩後、搬入作業としては最後となるダンボールなどの小型の荷物の搬入作業が始まります。小型の荷物の搬入作業では、あまり大きな問題は発生しませんが、お客様の指示によっては、大幅に時間がかかることがあります。

てきぱきと指示をする

小物搬入作業では、引越し業者の作業員は、バケツリレーのように荷物をトラックからどんどん運んできます。この際、お客様には、それぞれの荷物について、どの部屋に搬入するのかを指示してもらうことになります。この指示が遅いと、大幅に時間がかかります。

実は、引越しの作業が遅くなる最大の原因のひとつが、この小物搬入作業でのお客様の指示の遅れによるものです。いくら引越し業者の作業員が優秀であっても、お客様の指示が遅いと、早く作業を終わらせることができません。このため、お互いに作業を早く終わらせるために、ぜひ引越し業者に強力しててきぱきと指示を出してください。

あらかじめダンボールに記入する

ダンボールには、あらかじめ搬入する部屋を記入しておいてください。ダンボールはかなりの数になりますから、一つ一つ荷物の中身を確認して指示を出していると、非常に効率が悪くなります。この点、ダンボールに搬入する部屋を記入しておくと、引越し業者の作業員がそれを見て勝手に運んでくれます。

なお、中古のダンボールを使った場合は、以前のお客様の記入が残っていることがあります。このような場合、引越し業者の作業員が混乱したり勘違いしたりしないように、きちんと以前のお客様の記入を二重線などで消してください。また、マジックの色を代えるなどして、引越し業者の作業員がスムーズに作業できるように工夫してください。

見取り図を活用する

実際に荷物を搬入する部屋については、左右・東西南北・畳数・洋室・和室・子供部屋などで指示しても、引越し業者としては、いまひとつピンとこないことがあります。特に、東西南北の方角で指示を出されても、土地勘がない引越し業者の作業員としては、よくわからないことが多いです。

そこで、あらかじめ部屋の見取り図を用意しておいてください。そして、見取り図には、部屋に番号を書いておいてください。この際、ぱっと見てすぐにわかるように、なるべく大きな番号を書いてください。これを玄関などに貼っておくことで、部屋の場所が非常にわかりやすくなります。また、部屋の入口に対応した番号を書いた紙を貼っておくことで、より場所がわかりやすくなり、間違いもなくなります。

すぐ使うものは取り出しやすい場所に

ダンボールを搬入する際に注意したいのは、すぐ使う荷物が入ったダンボールを取り出しやすい場所に置いておく、ということです。これは、ダンボールにすぐ使う旨を明記していればあまり問題ありません。ただ、サービスレベルが低い引越し業者は、何も考えずに取り出しにくい場所においてしまうこともありますので、注意してください。

また、ダンボールにすぐ使う旨を明記していない場合は、あらかじめトラックのドライバーにすぐ使いたいダンボールを伝えておいてください。特に、トイレ用品、お風呂用品、リモコンが入ったダンボールなど、まさに引越し当日に使うようなものについては、忘れずに伝えておいてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日