新築一戸建ての特徴と引越しの際の注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬入建物ごとの注意点 > 新築一戸建て

新築一戸建て

スポンサード リンク

新築一戸建てへの荷物の搬入作業では、建物のキズに注意します。特に、床、壁、階段などは、事故がおこりやすい箇所ですから、養生を徹底してもらうとともに、事前・事後の確認を怠らないようにします。また、室内階段は、引越しの作業でも最も事故が起こりやすい場所のひとつです。

できるだけ高品質な引越し業者・プランを

新築一戸建ての建物は、いわゆる「終のすみか」となる可能性があります。このため、以後、特別な事情がない限り、荷物を搬出することを考える必要はありません。逆に、搬入の際に事故がおこらないように、なるべく高品質な業者・プランを利用するべきです。

ただし、仕事で転勤する可能性がある場合は、一家で引越しする可能性もあります。また、子供が進学した場合や独立した場合にも部屋から荷物を搬出する可能性があります。これらの可能性が高い場合は、搬出のことも考えて、あまり手間のかかるような荷物の搬入(窓吊りなど)はしないほうがいいでしょう。

なるべく事前に壁・床のキズの有無をチェック

新築一戸建ての場合は、必ず引渡しの際に、壁・床のキズの有無をチェックしてください。キズのチェックの結果、キズがあった場合は、施工を請け負った住宅メーカーや建設業者と補修の交渉をしてください。キズがなかった場合であっても、安心せずに、必ずフィルム式のカメラ(≠デジカメ)で写真を取っておいてください。これは、引越しの作業で壁・床にキズがついた場合の証拠とするためです。

引越し業者としては、新築一戸建ての建物のキズの修復は、かなりの修理費がかかるため、そう簡単に修理には応じません。この際、引越し業者を説得するために、「キズがなかった」という証拠が重要となります。ですから、なるべく事前に壁・床のキズをチェックしたうえで、写真を撮っておいててください。

搬入の際の壁・床・階段の養生に注意

新築一戸建ての建物への荷物の搬入作業の場合は、特に壁・床・階段の養生を徹底してもらってください。これらの箇所は、特にキズがつきやすい箇所です。また、和室がある場合は、畳の汚れにも注意してください。大手の引越し業者は、搬入先の建物に入る前に靴下を履き替えるサービスをおこなっていますが、すべての引越し業者がそのようなサービスをしているとは限りません。このため、靴下の汚れが畳に移ることもあります。

また、養生用の資材(特に壁紙用)が新品であるかどうかを必ず確認してください。引越し業者によっては、新築の建物への搬入にもかかわらず、中古の資材で養生することがあります。この際、資材が汚れていた場合は、その汚れが壁紙に移ることがあります。このため、見積もりの際に引越し業者の営業員に必ず養生に使う資材が新品かどうかを確認してください。

室内階段・窓吊りに注意

一戸建ての荷物の搬入作業の際に最も事故がおこりやすい作業は、室内階段を通って大型の家具を搬入する作業です。土地が狭いという日本の住宅事情により、一戸建ての階段は、非常に狭く設計されています。このため、特に曲がり角の壁、踊り場の階段(方向転換のためにいったん荷物を置くため)、天井などにキズがつくことがあります。

また、同じように、窓吊り作業によって窓から大型の家具を搬入する作業もまた、最も事故が起こりやすい作業です。窓吊りの作業は、作業員・建物・家具(冷蔵庫)に極度の負担がかかる作業です。このため、負担がかかった家具や建物にキズやへこみが生じる可能性があります。最悪の場合、荷物が落下する可能性もあります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日