中古一戸建ての特徴と引越しの際の注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬入建物ごとの注意点 > 中古一戸建て

中古一戸建て

スポンサード リンク

中古一戸建ての建物への荷物の搬入作業(特に賃貸の場合)は、建物のキズに注意します。特に、床、壁、階段などは、事故がおこりやすい箇所ですから、養生を徹底してもらうとともに、事前・事後の確認を怠らないようにします。また、室内階段は、引越しの作業でも最も事故が起こりやすい場所のひとつです。

ある程度高品質な引越しプランを

中古一戸建ての建物(賃貸)は、退去の際に、いわゆる「原状回復」をおこなわなければなりません。原状回復とは、退去の際に、借主の故意・過失によって生じたキズ等(経時劣化や通常の使用による損耗は含みません)を回復することです。このため、引越しの際に床・壁などにキズをつけてしまって、そのままにしておくと、貸主からそのキズの補修を求められる可能性があります。

このため、荷物の搬入の際に事故がおこらないように、ある程度は高品質なプランを利用するべきです。また、当然ながら、引越し業者の作業によって床・壁などにキズがついた場合は、補修をしてもらわなければなりません。このために、後述のいくつかの対策が必要です。なお、購入した一戸建ての場合は、あまり気にする必要はありません。

必ず事前に壁・床のキズの有無をチェック

中古一戸建ての建物は、何らかの形で床・壁キズがあります。このため、仮に引越し業者が壁や床にキズをつけたとしても、「そのキズは以前からあった」と言い張られてしまい、泣き寝入りしなければならなくなる可能性があります。そうならないためにも、なるべく事前に壁・床のキズをチェックしてください。

また、この際、必ずフィルム式のカメラで写真を撮っておいてください。いくらチェックをしたとはいえ、証拠がなければ、あまり意味がありません。もし引越し業者とキズの補修の交渉となった際には、チェックの際に撮影した写真が強い証拠となります。これは、賃貸住宅の場合には、退去する際に、大家さんや不動産業者からの不当な原状回復請求を防止する証拠にもなります。なお、デジカメや携帯電話で撮影した写真は、加工が容易なため、あまり強力な証拠とはなりません。

室内階段・窓吊りに注意

一戸建ての荷物の搬入作業の際に最も事故がおこりやすい作業は、室内階段を通って大型の家具を搬入する作業です。土地が狭いという日本の住宅事情により、一戸建ての階段は、非常に狭く設計されています。このため、特に曲がり角の壁、踊り場の階段(方向転換のためにいったん荷物を置くため)、天井などにキズがつくことがあります。また、築年数が古い一戸建ての階段は、極めて狭く設計されていることがあり、荷物が入らないことがあります。

また、同じように、窓吊り作業によって窓から大型の家具を搬入する作業もまた、最も事故が起こりやすい作業です。窓吊りの作業は、作業員・建物・家具(冷蔵庫)に極度の負担がかかる作業です。このため、負担がかかった家具や建物にキズやへこみが生じる可能性があります。最悪の場合、荷物が落下する可能性もあります。特に、築年数が古い一戸建ては、非常にもろいため、すぐにキズやへこみが生じることがあります。

なるべく窓吊りは避ける

今後退去を予定している賃貸の中古一戸建て(貸家)への引越しの場合、窓吊りや室内での組み立てなど、面倒な搬入はなるべく避けてください。そうしないと、次の引越しの際にも、その作業をすることになり、余計な料金が発生することになる可能性があるからです。

特に、窓吊りの作業は、ある程度の作業員(少なくと3人以上)が必要になりますので、人件費がかかります。また、準備や作業そのものに時間がかかりますので、作業全体の時間も大幅に増えることになります。なにより、中古の一戸建ての場合は、事故が発生する可能性が高いため、よほどのことがない限り、窓吊りはおすすめできません。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日