アパートの特徴と引越しの際の注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬入建物ごとの注意点 > アパート

アパート

スポンサード リンク

アパートの引越しは、他のものと比べて、条件の制約が少ないため、比較的問題も少なく終わることが多いです。ただし、アパート特有の問題もありますので、注意が必要です。

状況にあわせてプランを選択

アパートへの荷物の搬入作業の場合は、特に条件の制約はあまりありません。このため状況に併せて様々なプランを選択することができます。ただし、新築仮住まいの場合は、全く別の対応が必要となります。この点については、詳しくは、「仮住まい引越し」をご覧ください。

なお、条件の制約がないとはいえ、いわゆる「メゾネットタイプ」のように、1階が玄関のみで、2階までの階段が内階段となっているタイプのアパートは、ほとんどの荷物が内階段を通るため、階段作業に注意が必要です。このため、このようなタイプのアパートの場合は、階段作業を無事に終わらせるためにも、ある程度は高品質な引越し業者・プランを検討してください。

必ず事前に壁・床のキズをチェック

アパートは、退去の際に、いわゆる「原状回復」をおこなわなければなりません。原状回復とは、退去の際に、借主の故意・過失によって生じたキズ等(経時劣化や通常の使用による損耗は含みません)を回復することです。このため、引越しの際に床・壁などにキズをつけてしまって、そのままにしておくと、貸主からそのキズの補修を求められる可能性があります。

このため、荷物の搬入の際に事故がおこらないように、ある程度は高品質なプランを利用するべきです。また、当然ながら、引越し業者の作業によって床・壁などにキズがついた場合は、補修をしてもらわなければなりません。このため、フィルム式のカメラで写真を撮っておいて、壁・床に「キズがついていなかった」証拠を残しておく必要があります。なお、購入したアパートの場合は、あまり気にする必要はありません。

なるべく他の部屋の住人にあいさつする

アパートの引越しでは、2階以上の部屋へ荷物を搬入する場合は、階段の昇り降りや室内の移動で、大きな音が発生します。この音は、他の部屋の住人にとっては、非常に迷惑なものです。このため、なるべく搬入作業を始める前にあいさつしてください。特に、下の階の住人には、必ずあいさつするようにしてください。

また、お客様ご自身だけではなく、引越し業者にもあいさつさせるようにしてください。社員教育が行き届いている引越し業者の場合は、率先してあいさつしてくれますが、すべての引越し業者が必ずしもそうであるとは限りません。ですから、特に引越し業者があいさつしないようでしたら、お客様ご自身があいさつされる際に、一緒にあいさつするように誘ってみてください。

なるべく窓吊りは避ける

アパートへの引越しの場合、窓吊りや室内での組み立てなど、面倒な搬入はなるべく避けてください。そうしないと、次の引越しの際にも、その作業をすることになり、余計な料金が発生することになる可能性があるからです。

特に、窓吊りの作業は、ある程度の作業員(少なくと3人以上)が必要になりますので、人件費がかかります。また、準備や作業そのものに時間がかかりますので、作業全体の時間も大幅に増えることになります。なにより、アパートでの窓吊りは、一戸建ての場合よりも、さらに事故が発生する可能性が高いため、よほどのことがない限り、窓吊りはおすすめできません。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日