大型のダンボールの使い方・注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > ダンボール・資材の種類と使い方 > ダンボール(大)

ダンボール(大)

スポンサード リンク

大型のダンボールは、軽い荷物や大きい荷物を梱包するダンボールです。荷物を梱包する際には、底抜け、詰めすぎ、隙間、重量物などに注意してください。特に、本・DVD・CDなどの重量物は、絶対に梱包しないでください。

洋服・下着・座布団・大型鍋など軽い・大きい荷物に使用

大型のダンボールには、軽い荷物を詰めます。代表的な例は、洋服・下着・シーツ・タオル・座布団・クッションなどの布製品です。また、大型鍋・おもちゃ・その他の雑貨など、小型・中型のダンボールに入らないような大きい荷物も詰めます。さらに、比較的軽い靴も梱包します。

なお、引越し業者によっては、一般的な荷物を梱包するダンボールの種類が、大中小の3種類ではなく、2種類しかない場合があります。2種類のダンボールしか取り扱っていない引越し業者は、あまり大型のダンボールは取り扱わず、小型と中型のダンボールのみを取扱います。これは、大型のダンボールは、使い方が限られていて、実はあまり使い勝手がよいものではないからです。

洋服以外は9割まで

布製品以外の荷物、特におもちゃなどの割れ物は、なるべく9割程度の高さまでに詰めてください。めいっぱい詰めてしまうと、ダンボールを上に重ねた際に、ダンボール本体ではなく、中身の荷物で上のダンボールの重量を支えることになり、中身の荷物の破損の原因となります。

逆に、布製品は、めいっぱいダンボールに詰め込んでも問題ありません(ただし、シワになる可能性があります)。ただし、いくらめいっぱい詰め込んでも問題ないからといって、ダンボールの上面が盛り上がるくらい詰め込むと、積み重ねた場合に荷崩れする原因となります。このため、詰め込むのもほどほどにしてください。

なるべ横のく隙間を埋める

大型食器・鍋・調理器具・雑貨などを梱包した場合、ちょうどよく荷物が納まり切れずに、中に隙間ができることがあります。このような場合は、左右に揺らしても中の荷物が動かなくなるまで、新聞紙や食器梱包用の紙で隙間を埋めてください。

金属製の鍋やプラスチック製の雑貨・おもちゃなどは、少々動いたところで壊れることはまずありませんが、土鍋やホーロー製の鍋などは、ダンボールの中で動くと、欠けてしまったり、ヒビが入ったり、最悪の場合割れることもあります。また、いろいろな荷物を同梱している場合に、隙間があると、荷物同士がぶつかって破損の原因となります。このため、必ず隙間は埋めるようにしてください。

絶対に重い荷物を入れない

たまに非常に大きな箱に本・食器・CD・DVD・化粧品・調味料など重い荷物を詰めるお客様がいらっしゃいます。引越し業者の作業員はプロですから、大型のダンボールに重い荷物がめいっぱい詰まっているからといって、運べないことはありません。しかし、重いという点以外でも、このような荷物の梱包のしかたは、非常に問題があります。

まず、このような梱包のしかたは、よほど底にガムテープをがっちり貼っていない限り、底抜けします。このため、荷物の破損の原因になります。また、お客様ご自身が運ぶ際にも、腰を痛める原因となったり、ケガの原因にもなったりします。このため、重い荷物は絶対に大型のダンボールには梱包せずに、小型のダンボールに梱包してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日