和服用のダンボールの使い方・注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > ダンボール・資材の種類と使い方 > ダンボール(和服用)

ダンボール(和服用)

スポンサード リンク

引越し業者の中には、和服専用のダンボールを用意してくれることがあります。和服をお持ちの場合は、和服がシワにならないように、和服用のダンボールを使ってください。

和服を水平に入れる

和服用のダンボールは、和服を水平に入れるためのダンボールです。大きさは、幅が一般的な和ダンスの引き出しと同程度、奥行きが若干短い程度です。このため、このダンボールを使うことで、和ダンスの引き出しに入っている状態そのままで和服を運ぶことができます。ちなみに、桐箱や紙製の衣装ケースに入っている和服については、わざわざ移し変えて梱包する必要はありません。

なお、一般的な引越し業者の場合は、和服用のダンボールを常備していますが、そうでない業者もいます。このような引越し業者は、あまりおすすめできません。というのも、和服の取扱いは、引越し業者にとっては、ごく基本的なことです。それにもかかわらず、和服用のダンボールを常備していないような引越し業者は、サービスの質が高いとはいえないからです。

できれば新品の手袋で扱う

素材にもよりますが、和服は、非常に汚れやすいものです。また、汚れも落ちにくく、クリーニングにもかなりの金額がかかってしまいます。このため、お客様が和服を梱包する際は、100円ショップなどで売っているものでかまいませんので、できるだけ新品の手袋を使ってください。

また、引越し業者の作業員に梱包してもらう際には、(特に夏は)汗などで和服が汚れることもありますので、同じように新品の手袋を使ってもらってください。社員教育が徹底されている引越し業者の場合は、特にお客様から指摘されるまでもなく、新品の手袋を使って梱包しますが、すべての引越し業者が必ずしもそうであるとは限りません。このため、引越し業者の作業員が和服を汚さないように、注意してください。

引越し業者の運搬に注意

和服用のダンボールは、必ず水平に運びます。これは、ダンボールを傾けたり立てたりすると、和服が寄ってしまってシワになるからです。このため、お客様ご自身で運ぶ際には、傾けたり立てたりすることがないように、注意してください。

また、引越し業者の作業員は、水平に運ぶように教育を受けていますが、新人アルバイトや派遣社員はそうでないことがあります。特に繁忙期の場合は、チームリーダーの目が行き届かないところで、経験が浅い作業員が勝手にダンボールを運ぶことがあります。このため、特に繁忙期の引越しには注意してください

下請けトラックに要注意

和服用のダンボールをトラックに積み込む場合は、運ぶ場合と同じく、シワにならないように、水平に積み込みます。これは、引越し業者のトラックのドライバーにとっては、常識中の常識です。ところが、下請け業者のドライバーは、そのようなことを知らない可能性があります。

和服用のダンボールは、縦にすると、隙間を埋めるのにちょうどいいサイズとなります。このため、積み込みが下手なドライバーほど、隙間を埋めるために、和服用のダンボールを立てようとする傾向があります。繁忙期の引越しの場合は、引越しの積み込みの経験がない運送業者のドライバーが引越しを担当することがよくありますので、繁忙期には特に注意してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日