布団袋の使い方・注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > ダンボール・資材の種類と使い方 > 布団袋

布団袋

スポンサード リンク

布団袋は、布団などの布製品を梱包する非常に大きな袋です。市販のものは何度も使うことを想定しているためか、布製が多いようです。

また、メーカーによっては、ビニール・ポリエチレン製のものもあります。

引越し業者が用意するものは、ほとんどがビニール・ポリエチレン製や紙製で、1回で使い切ることを想定しています。

布団袋は、通常は引越しのときくらいしか使いませんし、必ずしも保存性が高いものではないので、わざわざ市販のものを用意するまでもありません。

布団・毛布・シーツ・枕をまとめて梱包

布団袋は、布団・毛布・シーツ・枕などの寝具をまとめて梱包する大きな袋です。

布団袋には、さまざまな材質のものがありますが、中身の重量に耐えられるだけの頑丈な作りになっています。ただし、紙製のものについては、破れやすいこともあります。

布団袋は、どの引越し業者でも、必ず提供している資材です。市販もされていますが、引越しのときしか使わないものをわざわざ買う必要はあまりありません。

数年に1回使うか使わないかのものを買って、普段はタンスや押入れの肥やしにしてしまうよりは、引越し業者が提供する使い捨ての布団袋を使ったほうがいいでしょう。

なお、引越し業者の布団袋には、紐で縛るタイプと、ガムテープや養生テープで止めるタイプがあります。縛り方や貼り方は特に難しいわけではありませんが、慣れていないと引越しの途中で布団袋が開いてしまうことがあります。

個人的には、引越し業者の作業員に任せた方がいいと考えていますが、あらかじめ引越し業者の営業員に聞いておくといいでしょう。

座布団・小型のソファーにも使用

布団袋は、布団だけでなく、ダンボールに収まらない座布団にも使います。また、座布団には、専用の座布団袋があります。

地方の旧家のように、大量の座布団があるようなご家庭でもない限り、普通の家庭には備え付けていないものと思われます。また、引越しのためだけにわざわざ買うほどものでもありません。

このため、布団と一緒に梱包してしまってください。

また、足やスプリングがついていない、二人掛け程度の小型のソファー(ラブソファー)にも、布団袋を使うことがあります。

このサイズのものだと、布団袋にちょうど収まります。場合によっては、布団袋に収まらないサイズのものもありますが、このような場合は、ベッドマットを梱包するベッドマットカバーで対応することができます。

大型のぬいぐるみなどのための中古の布団袋を

引越し業者によっては、中古の使い捨ての布団袋を用意してくれることがあります。特に、ビニール・ポリエチレン製の布団袋を採用している引越し業者には、このような傾向が多いようです。

このような中古の布団袋は、大型のぬいぐるみやクッションなどを梱包する際に利用することができますので、非常に便利です。

ただし、中古の布団袋ですから、当然ながら、一度は他のお客様の布団などの寝具が梱包されたものということになります。お客様によっては、他人の寝具が梱包された布団袋が使われることに抵抗感を感じることもあるでしょう。

このため、中古の布団袋を使って欲しくない場合は、見積もりの際に、引越し業者の営業員にその旨を伝えておいてください。

絶対に割れ物を入れない

布団袋には、布製品のみを入れ、絶対に割れ物を入れないようにしてください。

最近ではあまりいわれなくなりましたが、一部のお客様に「布団がクッションになって割れ物が割れない」といわれることがあります。これは、大きな間違いです。

特に、ご年配のお客様の中には、勘違いされている方も多いようです。

布団袋は、トラックの荷台の中では、隙間を埋めるためによく利用されます。これは、形が崩れたとしても、すぐに復元して、特に問題がないからです。

また、比較的軽いため、隙間に押し込んでも、特に下の荷物が潰れることがないという点でも便利です。ある意味では、引越し業者のドライバーによって、乱暴に扱われることもあります。

このため、布団袋の中に割れ物が入っていると、高い確率で割れ物が割れます。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日