ハンガーケースの使い方・注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > ダンボール・資材の種類と使い方 > ハンガーケース(ハンガーボックス)

ハンガーケース(ハンガーボックス)

スポンサード リンク

ハンガーケース(ハンガーボックス)は、背の高いダンボールです。上の部分にプラスチック製のパイプを取り付けることができます。このバーにハンガーを引っ掛けることによって、洋ダンスやパイプハンガーにかかっているハンガーの洋服を、ハンガーごとそのまま梱包することができます。

スーツ・ドレスなどを梱包

ハンガーケースは、ハンガーをかけることができるパイプつきの背の高いダンボールやプラスチック製の箱です。このパイプを利用して、ハンガーにかけたままスーツ・ドレス・コートなどを梱包することができます。このため、洋服やネクタイがシワになりません。なお、冬の引越しの場合は、誤って当日着る防寒着(コートなど)を梱包しないように気をつけてください。

ちなみに、引越し業者の作業員は、このハンガーケースを使って、様々な荷物を梱包します。例えば、食卓や机の椅子を梱包します。また、少し手抜きのような印象も受けますが、単身用の小さな冷蔵庫や洗濯機も、サイズによっては、梱包することができます。ただし、このような利用方法は、あくまで引越し業者のノウハウがあるからこそできる用法です。お客様がハンガーケースを利用する場合は、あくまで洋服の梱包にとどめておいてください。

必ずきれいな手または手袋で

スーツやドレスを梱包する際は、汚れないように、きれいな手で梱包してください。汚れがついてしまうと、クリーニングの代金もバカになりません。特に高価なスーツやドレスを梱包する場合は、100円ショップなどで売っている木綿の手袋を利用して、汚れがつかないようにしてください。

また、引越し作業当日や前日に引越し業者の作業員にスーツやドレスを梱包してもらう際にも、同様のことに気をつけてください。引越し作業当日の梱包の場合は、スーツやドレスの梱包は、小物の搬出作業が終わってからのことになります。特に夏などは、汗による汚れがつく可能性があります。このため、手を洗ってもらうなど、スーツ・ドレス・コートなどが汚れないように注意してください。

ネクタイ・ズボンプレッサー・バックなども梱包

ハンガーケースは、たいていの場合、下のほうのスペースが空きます。特に、スーツが多い場合は、かなりのスペースが空きます。このスペースをそのままにするともったいないですから、バッグなどの同じタンスや収納スペースに収納されていた荷物を入れてください。ただし、ブランドもののバッグや型崩れを注意しなければならない高価なバッグは、別のダンボールに梱包してください(この際、盗難・横領に注意してください)。

また、ハンガーケースには、ネクタイ、ズボンプレッサー、アイロン台なども一緒に入れることができます。ネクタイは、シワにならないように、パイプに結びつけてください。また、ズボンプレッサーやアイロン台は、スーツやドレスとハンガーケースの間に挟むように入れて、動かないようにしてください。

なるべく隙間を埋める

ハンガーケースは、隙間があってもさほど大きな問題はありませんが、隙間があると、まれにハンガーからスーツやドレスが外れることがあります。この状態で長時間放置しておくと、シワになることがあります。このため、なるべく隙間なくスーツやドレスを詰め込んでください。

また、空きスペースは無駄になりますから、小型のぬいぐるみやクッションなど、何か詰めるなどして、隙間を埋めてください。ただし、当然ながら、スーツやドレスの汚れの原因となるようなものは、避けてください。また、あまりにも荷物を詰め込みすぎると、かえってスーツやドレスを圧迫してしまって、シワの原因となります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日