気泡緩衝材(エアーキャップ)の使い方・注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > ダンボール・資材の種類と使い方 > 気泡緩衝材(エアーキャップ)

気泡緩衝材(エアーキャップ)

スポンサード リンク

気泡緩衝材(エアーキャップ)は、いわゆる「プチプチ」のことで、ビニール製の空気が入った緩衝材のことです。引越し業者、メーカーによって、いろいろな呼び方、商標があります。気泡緩衝材を使いこなすためには、ある程度の専門知識が必要です。

主に家電製品・割れ物・重量物を梱包

気泡緩衝材は、主に家電製品の梱包に使います。また、食器梱包用の紙で包みきれない大型の食器や、土鍋・ホーロー製の鍋などにも使います。この他、鏡、ガラス製品など割れ物全般や壊れやすいプラスチック製品全般に使います。

気泡緩衝材は、基本的には、割れ物が割れないように梱包するために使われます。また、大型の家具、中身入りの家具、冷蔵庫、洗濯機など、重量が重い家具が接触事故によってキズがつかないようにするためにも使われます。また、まれに防水のために使われることもあります。

長距離の引越しの場合は家具にも使用

長距離の引越しの場合、搬入先で資材を回収できないため、耐久資材を使うことができません。このため、通常は使い捨ての消費資材で家具を梱包します。この際、家具や大型家電製品がキズつかないように、気泡緩衝材が使われます。引越し業者によって対応はさまざまですが、基本的には、不織布、気泡緩衝材、巻きダンボール、板ダンボールの順番に家具に当てていきます。

気泡緩衝材を利用することで、家具にキズがつく可能性が格段に減ります。逆に、気泡緩衝材を利用しないと、家具にキズがつく可能性が高いといえます。このため、特に繁忙期には、引越し業者の作業員が気泡緩衝材を使って丁寧に梱包しているかどうかを確認してください。もし引越し業者の作業員が気泡緩衝材を使っていない場合は、荷物の搬入後、家具にキズがないかどうかをよく確認してください。

基本的に引越し業者にまかせる

気泡緩衝材を使わなければいけない荷物は、割れないように、また、キズつかないように梱包しなければいけないものばかりです。このような梱包は、専門知識がないと対応できないため、引越し業者でないとできないものです。ですから、特に営業員から指示がない限り、引越し業者にまかせてください。

まれにお客様が独自で気泡緩衝材を用意して家電製品などを梱包されていることがありますが、引越し業者の元作業員でもない限り、あまりおすすめできません。というのも、お客様ご自身による梱包の場合は、事故があったときでも補償の対象外となるからです(標準引越運送約款第23条第8号)。このため、素直に引越し業者にまかせてください。

長期保管ではカビに注意

引越し業者に長期間荷物を保管してもらうプランを利用する場合は、湿気によるカビに注意してください。気泡緩衝材はビニール製ですから、水を通さない反面、通気性はよくありません。このため、湿気がたまりやすいというデメリットがあります。

特に、梅雨の時期を越える長期保管の場合は要注意です。例えば、エアコンの室内機、洗濯機、冷蔵庫など、水分がもとから付着している家電製品は、カビやすい傾向があります。また、材質によっては、木製の家具でさえ、梅雨の時期はカビることがあります。このため、長期保管のプランを利用する場合は、時期によっては、気泡緩衝材による梱包は避けてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日