引越し業者のトラックの注意点は?

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬出作業の注意点 > トラックのチェック

トラックのチェック

スポンサード リンク

お客様にとって、トラックは単なる輸送手段であり、あまり重要でないように思われがちです。しかし、実は、トラックの外観からは、いろいろな情報を読み取ることができます。このため、引越し作業当日は、よくトラックを確認してください。

台数・サイズ・事業者名・ナンバーを確認

搬出作業当日に引越し業者が来た場合、まず、トラックの台数とサイズが見積書に記載されたとおりかどうかを確認してください。次に、トラックの車体に記載されている事業者名を確認してください。さらに、トラックのナンバーが緑ナンバーや黒ナンバー(事業用)であるかどうかも併せて確認してください。緑ナンバーや黒ナンバーでないトラックの場合は、運送業の許可を取得していない、いわゆる「モグリ」の業者の可能性があります。

なお、たまに作業当日にトラックの手配ができず、台数が少なかったり、サイズが小さい場合があります。このような場合は、荷物が積み切れず、積み残しとなる可能性があります。このため、積み込み作業が始まる前に、必ず支店や営業所に確認をして、積み残しがあった場合は引越し業者の負担で運んでもらうようにしてください。

直営店・系列会社のトラック

トラックが引越し業者のものであった場合、そのドライバーは、引越し業者の正社員かベテランのアルバイトです。このため、荷物の積み込み作業に慣れています。ただし、繁忙期には経験が浅いドライバーが運転していることがありますので、特にサイズが小さいトラックには注意してください。

一方、トラックが引越し業者の系列会社のものであった場合は、そのドライバーは、系列会社の正社員です。引越し専業業者の系列会社の場合は、比較的積み込み作業にも慣れています。他方、物流兼業業者の系列会社の場合は、ドライバーが積み込み作業に慣れていないときがありますので、注意してください。

下請け業者のトラック

トラックが引越し業者とはまったく関係ない業者のものの場合、そのトラックは下請け業者のものといえます。このような場合は、室内の作業は引越し業者がおこない、トラックへの積み込みは下請け業者がおこなうことになります。そこで問題となるのが、下請け業者の能力・経験です。

多くの下請け業者のドライバーは、普段は貨物の運送をおこなっています。このため、引越しの荷物の積み込み作業や、室内作業に慣れていないことがあります。繁忙期では、まったく引越しの経験がないドライバーまで作業を担当することがあります。このため、トラックでの荷降ろしの際の事故に注意してください。

レンタカーのトラック

引越し業者は、繁忙期にレンタカーのトラックを使うことがあります。レンタカーとはいえ、引越し業者は、自社のブランドマークのシールなどを貼っていますので、一見しても普通のトラックとは見分けがつきません。ただ、通常のレンタカーは、いわゆる「わナンバー」ですので、ナンバーを見れば見分けがつきます。

通常、引越し業者は、1.5トン~2トンサイズのレンタカーを使います。このサイズのドライバーは、ドライバーになりたてで経験が浅いことが多いです。このため、通常のトラックのドライバーよりも、事故の発生率が高い傾向があります。このため、特にレンタカーのドライバーの作業には、注意してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日