引越し業者の作業員の注意点は?

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬出作業の注意点 > 作業員のチェック

作業員のチェック

スポンサード リンク

引越し作業が無事に終わるかどうかは、引越し業者の作業員の能力にかかっています。特に、チームリーダーとトラックのドライバーの能力は極めて重要です。ですから、作業開始の前に、引越し業者の作業員をよく観察しておいてください。

引越しは「チームリーダー次第」

室内での作業が無事に終わるかどうかは、室内作業を担当するリーダー(サブリーダーが担当することもあります)の能力に大きく左右されます。引越し業界は、慢性的な人手不足なため、「チームの作業員のなかで引越しの経験者がチームリーダーだけ、他はすべてアルバイト・派遣社員」という状況も珍しくありません。このため、経験者として、また現場の責任者としてのチームリーダーの能力次第で引越しが無事終わるかどうかが問われます。

このため、チームリーダーからあいさつされた際には、年齢、身だしなみ、他の作業員への接し方に注目してください。年齢があまり若すぎる(高校生~大学生)ようだと、経験が浅い可能性があります。身だしなみがだならしない場合は、プロ意識が低いことがあります。他の作業員への接し方が横柄な場合は、チーム内でのコミュニケーションが上手くいかない場合があります。このようなチームリーダーの場合は、作業で事故が発生する可能性がありますので、注意してください。

アルバイト・派遣社員の有無のチェック

管理人の経験上、引越し業者のチーム内には、必ずといっていいほどアルバイトが混じっています。土日や繁忙期には、派遣社員まで混じっていることがあります。このように経験の浅い作業員は、能力が低いため、事故を起こすことがあります。

特に繁忙期では、4トントラック以上の荷物、またはトラック2台以上の荷物の引越しでもない限り、チームリーダー以外はすべてアルバイト・派遣社員と考えるべきです。繁忙期はそれほど引越し業者も人手が足りなくなります。このため、繁忙期の引越しでは事故に十分に気をつけてください。

下請けの有無のチェック

引越し業者とはまったく関係ない運送業者のトラックがある場合、下請け業者がチームに混じっている可能性があります。このような下請け業者は、引越し業者ではなく物流業者であることがあります。物流業者は作業に慣れていないことがありますので、注意してください。

なお、下請け業者のドライバーの中には、トラックの荷台から降りてこない者もいます。ところが、このようなドライバーも見積書では「作業員」としてカウントされていることがあります。この場合、何もしなければ、室内作業をおこなわないにドライバーのぶんまで高い人件費を払うことになります。このため、チームリーダーや支店・営業所を通じて、ドライバーにも室内作業をしてもらうか、作業員の人件費を値引きしてもらうようにしてください。

時計・指輪をはずしてもらう

経験の浅いアルバイト、派遣社員、下請け業者のドライバーは、時計・指輪等をしていることがあります。時計は、壁に接触して壁紙にキズがつく原因となります。指輪は、木製の家具を手のひらで持つ際に、家具に圧力がかかってキズになる原因となります。

通常、引越し業者のチームリーダーは、アルバイト、派遣社員、下請け業者のドライバーに対して、このようなアクセサリーを外すように指導します。ただ、そこまでチェックがいかなかったり、うっかりして忘れることもあります。このため、お客様ご自身も引越し業者の作業員の指輪・時計等のチェックして、気づいたら外してもらうようにしてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日