搬出作業開始前の注意点は?

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬出作業の注意点 > 作業開始手続き

作業開始手続き

スポンサード リンク

引越し作業を始める前には、引越し業者のチームリーダーと若干の打ち合わせをおこなうことになります。この際、確認書へのサインを求められることがあります。確認書については、内容をよく読んだうえ、納得してサインしてください。

引越し業者の免責事項の確認

引越し業者の中には、作業開始前に、お客様に対して、確認書の確認とサインを求めるところがあります。これは、主に業者の免責事項を確認してもらったうえで、その了解を求めるものです。一般的には、見積もりの際に引越し業者の営業員から受けた免責事項の説明を再度確認するような内容となっています。

ただ、見積もりの際の確認事項と違う点は、見積もりの際の確認事項は、あくまで、引越し業者からの「今後のことについてのお願い」程度のものでしかありません。これに対して、確認書の確認事項は、お客様が「荷物についての約束をする」内容となっています(例:ダンボールの中に貴重品・危険品が入っていないこと)。このため、見積もりの際の確認とは意味が違います。

確認書の内容と見積書の内容とが違う場合

確認書の内容は、通常は、見積書や標準引越運送約款の内容とほとんど同じ内容となっています。ただ、その内容は、上記のように、お客様が引越し業者に対して約束や保証をする内容です。大げさな表現ですが、「契約」の一種であるといえます。ですから、念のためよく確認をしてください。

なお、もし確認書の内容と見積書の内容が違っていた場合は、その場でチームリーダーか営業員に確認してください。一般的には、確認書と見積書の内容が大きく違うということは考えられませんが、仮に大きく内容が違っていた場合は、見積書よりも後にサインした確認書の内容が優先される可能性があります。このため、確認書がお客様にとって不利な内容となっていないどうかをよく確認してください。

作業開始時間を確認

確認書には、作業開始時間を記入する欄があることがあります。この欄には、実際にサインする時間を記入してください。引越し業者の作業員がこの欄に時間を記入する場合は、間違いのないようにチェックしてください。

なお、引越し業者の作業員が遅刻した場合は、その作業員によって、作業開始時間が誤魔化されることがあります。作業開始時間は、作業の遅れが原因の場合の値引き交渉や補償の重要な証拠となります。このため、誤魔化されないように注意してください。

安易にサインせずにコピーを取っておく

確認書には、細かな文字(8ポイント程度)でいろいろと書かれていますので、安易にサインしてしまいがちです。しかし、基本的には、確認書には、お客様にとって有利なことは一切書かれていません。ですから、安易にサインしないようにしてください。

また、確認書は、引越し業者の作業員が回収しますが、お客様の控えがない場合がほとんどです。このため、後になると、サインした確認書に何が書かれていたのかを確認ができません。ですから、サインする前に、複合式のプリンターやコンビニなどを利用して、なるべくコピーを取っておいてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日