引越し業者の休憩の際の注意点は?

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬出作業の注意点 > 休憩

休憩

スポンサード リンク

小物搬出作業が終わった後は、休憩時間(10分程度)となります。特に急いでいる場合を除いて、引越し業者には、なるべく休憩を取ってもらってください。わざわざ時間を取るだけの理由があります。

小物搬出作業は体力を著しく消耗する

休憩は、主に引越し業者の作業員の体力を回復させるために取るものです。小物搬出作業は、意外と体力を消耗します。特に、腕が非常に疲れます。また、屋外の階段作業がある場合、階数によっては、脚が動かなくなるくらい疲れます。

このような状態で作業を続けると、その後の家具・大型家電製品の搬出にも影響がでます。最悪の場合、家具・大型家電製品を壁に接触させてしまったり、落としてしまったりする事故につながることもあります。ですから、事故を発生させないために、なるべく休憩を取ってもらってください。

飲み物かチップ・心づけを

特に必要というほどではありませんが、引越し業者には、なるべく、飲み物の差し入れか、チップ・心づけを差し上げてください。引越し業者の作業員も人間ですから、飲み物やチップ・心づけがある場合は、非常に嬉しいものです。本来はあまり褒められたものではありませんが、このようなお客様の気遣いによって、休憩後の作業のやる気に良い影響が出ることもあります。

なお、夏の場合は、特に熱中症に気をつけてください。お客様ご自身は当然のことながら、引越し業者の熱中症にも気をつけてください。引越し業者の作業員が熱中症にかかってしまうと、作業ができなくなってしまいます。このため、夏の休憩の際には、なるべく冷たい飲み物の差し入れるようにしてください。

休憩中のマナーについて

たいていの引越し業者では、チームリーダーや作業員に対して、休憩は外でおこなうように指導しています。これは、マナーの問題でもありますが、建物を汚さないためでもあります。お客様の中には、建物の中で休憩するように勧める方もいらっしゃいますが、引越し業者の作業員も気を使ってしまってリラックスできませんので、特に気にされることはありません。

なお、社員教育が行き届いていない引越し業者の場合は、タバコの吸殻や空き缶をポイ捨てすることがあります。飲みかけの空き缶は、家財が汚れる原因となりますし、タバコの吸殻は火災の原因となります。このため、空き缶や吸殻には十分に気をつけてください。

休憩中に壁のキズをチェックする

引越し業者の作業員が休憩している間に、室内の壁・床のキズをチェックしておいてください。小物搬出作業ではあまり壁にキズがつくことはありませんが、たまに曲がり角の壁などにキズがつくことがあります。

ただし、一般的な引越し業者は、しっかりと壁・床を養生しているはずです。このような養生している箇所については、特に問題ないものと思われますし、気になるからといって、養生をはがしてまでチェックすることはおすすめできません。ですから、チェックする箇所は、目に見える範囲にとどめておいてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日