搬出作業での家具搬出作業の注意点は?

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬出作業の注意点 > 家具搬出作業

家具搬出作業

スポンサード リンク

休憩後、いよいよ家具搬出作業が始まります。家具の搬出・搬入は、引越しの作業の中でも、最も困難で、それだけ事故がおこりやすいといえます。ですから、他の作業以上に、特に注意してください。

ハンガーケースへの梱包は洋服の汚れに注意

休憩時間と前後して、引越し業者の作業員が、洋服ダンス(ワードローブ)、パイプハンガー、ウォークインクローゼットの洋服(スーツ・ドレス・コートなど)をハンガーケースに梱包することがあります。この際、汚れた手で洋服を扱ってしまい、洋服が汚れることがあります。

通常、引越し業者は、手袋をはめて作業しますので、あまり手が汚れることはありません。ただ、夏の時期は、汗で手が汚れることがあります。また、ベテランの作業員ほど、面倒臭がって手袋をはめないことがあります。このため、たまに引越し業者の作業員の手が汚れていることもあります。このような場合を考えて、「手が汚れていたら自由に水道を使ってください」と申し出て、やんわりと綺麗な手で梱包するように促してください。

キズの有無の確認と作動確認

家具や大型家電製品は、引越し業者が専用の梱包材で梱包して搬出します。この際、拭き掃除(桐ダンス以外)をして、必ずキズの有無を業者の作業員(できればリーダーと)と確認してください。また、家電製品については、作動確認をしてください。これは、後で家具にキズがついてしまった場合や家電製品に不具合・故障が生じた場合に重要となります。

なお、まれに梱包作業が原因で家具の塗装がはげることがあります。具体的には、梱包材をかぶせる際に、家具の角に負担がかかってしまって、角から塗装がはげてしまいます。特に古い家具や湿気がこもった部屋に置いていた家具(食器棚など)については、水分で塗装がはげやすくなっていますので、注意してください。

家具の分解作業に注意

洋服ダンスやベッドなど、分解が必要な家具については、引越し業者が分解します。この際、特に床にキズがつかないように、引越し業者に床を保護してもらってください。金具との接触や、工具の落下などで、意外と床がキズつくことがあります。

特に分解できるほとんどのベッドは、連結部分が金具になっています。ベッドは、分解する際に、どうしても金具を床に置かなければなりません。このため、フローリングの部屋にベッドを置いている場合は、床を保護する養生用のマットや毛布などを敷いてもらって、床にキズがつかないようにしてください。

階段作業に特に注意

一戸建ての2階からの荷物の搬出の場合や、古いマンション・アパート・団地からの荷物の搬出の場合は、階段作業に特に注意してください。これらの階段は狭くなっていることが多いため、壁への接触による事故が発生しやすくなっています。特に、冷蔵庫、洋服ダンス、本棚などの背の高い家具は、壁に接触しやすいので、キズに注意してください。

また、一戸建ての室内階段については、階段の手前の床と踊り場の床に注意してください。この箇所は、階段とそこにつながる廊下の構造によっては、家具をいったん床に置くことになります。この際、重い家具や冷蔵庫などは、そっと丁寧に置かないと、たとえ床を保護する養生用のマットを敷いていても、床にキズがついてしまうことがあります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日