家具・家電製品の窓吊り作業の注意点は?

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬出作業の注意点 > 窓吊り作業

窓吊り作業

スポンサード リンク

2階に本棚、洋服ダンス(ワードローブ)、冷蔵庫などの背の高い家具・家電製品がある場合、これらが階段を通らないことがあります。この場合、窓から吊り下ろす、いわゆる窓吊り作業をしなければなりません。窓吊り作業は、事故が起こりやすいですから、注意してください。

事前に家財・家ともにキズの確認

窓吊り作業では、家具・冷蔵庫と家の壁・手すりとが接触することがあります。ですから、作業を始める前に、吊り下ろす作業場所のキズの有無を確認してください。特に、冷蔵庫のように極端に重い家具を吊り下ろす場合は、非常にキズがつきやすいため、より念入りに作業場所をチェックしてください。

また、家具・冷蔵庫は、よほど特殊な状況でもない限り、背中の部分を壁に当てて吊り下ろしていきます。このため、背中の部分にキズがつくことがあります。背中の部分は普段目にする部分ではありませんので、あまり気にならないかもしれません。ただ、もしキズがついてしまうと気になるようでしたら、よく注意してください。

手すり・窓枠・壁面などに注意

窓吊り作業では、ベランダの手すりと窓枠に負担がかかることがあります。ですから、これらが凹まないように、業者には、徹底した養生を求めてください。また、窓吊り作業の方法によっては、外壁の壁面と家具が接触することもありますので、注意してください。

なお、搬出作業の際の窓吊り作業は、吊り下ろしの作業ですので、重力に逆らわずにそのまま降ろすだけです。このため、引越し業者の作業員もあまり腕力を使いませんし、落下事故もほとんどありません。ただし、ロームの結び方が下手な場合は落下事故がありえます。このため、経験が浅いチームリーダーが取り仕切っている場合は注意してください。

地面に直接家財を置かないように注意

無事に吊り下ろしが終わった場合、引越し業者が下ろした家具や冷蔵庫を地面に直接置いていないかどうかを確認してください。家具を地面に直接置いた場合、コンクリートのような固い地面に直接置いた場合は、家具のキズの原因になります。また、土の上に直接置いた場合は家具、他の荷物、搬入先の床・畳の汚れの原因となります。

大手の引越し業者の場合は、社員教育が行き届いていますので、たとえダンボールひとつであっても、直接地面に置くことはありません。ましてや、家具や冷蔵庫のような高価な荷物を直接地面に置くことなどありえないことです。しかしながら、社員教育が行き届いていない引越し業者や、経験の浅い作業員は、うっかり地面に直接荷物を置くことがありますので、注意してください。

古い一軒家は要注意

古い一軒家での窓吊り作業の場合は、さらに注意が必要です。特に、屋根に登らないと吊り下ろしの作業ができない場合は、事故が発生する可能性がかなり高いです。例えば、屋根がトタンや瓦の場合は、引越し業者の作業員が上に乗ることで、トタンに穴が空いたり、瓦が割れたりすることがあります。また、雨どいがある場合は、雨どいに負担がかかってしまって、結果的に雨どいが外れることがあります。

なお、屋根の上で窓吊り作業をする場合、引越し業者の作業員が落下する事故が発生することもあります。作業員の落下事故があった場合は、引越しどころではなくなります。このため、屋根の上での窓吊り作業の場合は、引越し業者の作業員には、安全帯や命綱を使ってもらって、安全第一で作業してもらってください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日