外回り品の搬出作業の注意点は?

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬出作業の注意点 > 外回り品の搬出作業

外回り品の搬出作業

スポンサード リンク

家具の搬出作業が終わり、室内の荷物をすべて搬出した後は、室外やベランダにある荷物(外回り品)の搬出作業が始まります。特に問題が起こりやすい作業というわけではありませんが、汚れや忘れ物に注意してください。

汚れや土に注意

外回り品は、室内の荷物に比べて、汚れていることがあります。特に、庭がある一戸建ての外回り品は、土がついていることがあります。このような汚れは、他の荷物の汚れの原因となります。このため、なるべく事前に荷物を水拭きして、汚れなどを取っておいてください。

また、汚れが酷い外回り品をそのままトラックに積み込んだり、雨の日に水に汚れた状態で外回り品をトラック積み込んだ場合、トラックの荷台で他の荷物に汚れが移りやすくなります。このような場合、荷物の搬出する建物の室内にまで汚れがついてしまうことがあります。このため、引越し業者のドライバーによるトラックへの積み込み方に注意してください。

観葉植物・鉢植えは本来運んでもらえない

ベランダや庭で育てている鉢植え・プランターの観葉植物は、標準引越運送約款第4条第2項第3号に規定の通り、本来は、引越し業者には運んでもらえないものです。ただ、観葉植物を原因とした損害賠償責任を免責することを条件に、運んでくれる引越し業者もあります。

なお、観葉植物を運んで欲しい場合は、必ず見積もりの段階で引越し業者の営業員にそのことを伝えてください。観葉植物の運搬には、中古のダンボールを大量に使うため、あらかじめ準備しておかないと、現場では対応できない可能性があります。このため、引越し業者の作業員に、当日に運んで欲しいと伝えても、断られれることもあります。

エアコンの室外機を確認する

エアコンを取り外して運ぶ場合は、室外機を忘れずにトラックに積み込んでもらってください。エアコンの室外機は目立たない場所に置いているため、意外に忘れがちです。エアコンの室外機を忘れてしまうと、エアコンの取り付けのスケジュール調整をしなければならず、非常に面倒なことになります。

なお、エアコンの室外機は、特に土台の部分(いわゆる「足」の部分)がプラスチック製になっていて、非常に壊れやすいです。このため、引越し業者のドライバーによるトラックへの積み込みに注意してください。また、エアコンの室外機は意外に重いため、室内を経由して運ばなければならない場合は、引越し業者の作業員がバランスを崩して壁などをキズつけないように注意してください。

意外と忘れやすい自転車

引越し業者には、自転車も運んでもらえます。ですから、忘れずに運んでもらってください。なお、自転車は、意外と壊れやすい荷物です。特に、子供用の自転車のプラスチック製の箇所は、割れることがありますので、注意してください。

また、ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクなどの高価で壊れやすいスポーツ用の自転車については、別の日にご自分で乗っていくか輪行されることをおすすめします。というのも、引越し業者のトラックのドライバーがこのような自転車の取扱いに慣れていれば問題ありませんが、そうでない場合は、積み込み方によっては、リアのディレイラーなどが曲がったり壊れたりする可能性があります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日