搬出作業の最終確認の注意点は?

現在の閲覧ページ

トップページ > 搬出作業の注意点 > 最終確認

最終確認

スポンサード リンク

養生がすべてはずされたら、引越し業者から最終確認を求められます。忘れ物がないかどうかをよく確認してください。忘れ物があった場合は、お客様ご自身で運ばなければならなくなる可能性もあります。

必ず全部屋を確認する

最終確認では、必ずすべての部屋を確認してください。この際、引越し業者の作業員や他のご家族と分担して確認するのではなく、できるだけ、引越し業者の作業員も含めて、それぞれがすべての部屋を確認してください。

最終確認の後で、引越し業者から確認書にサインを求められます。このサインには、「忘れ物はありません」という意味があります。もし忘れ物があった場合は、お客様のチェックミスとされます。このため、忘れ物は追加料金を払って引越し業者に運んでもらうか、お客様ご自身が運ばなければならなくなります。ですから、必ずご自分ですべての部屋を確認してください。

室内外の収納・外回りも確認する

最終確認では、部屋だけでなく、天袋、押し入れ、床下収納、屋根裏収納など、部屋の収納もすべて確認してください。また、庭や室外収納も忘れずに確認してください。特に、エアコンの室外機や自転車は忘れがちですので、注意してください。

特に、室内の収納場所は、引越し業者も忘れがちな場所です。廊下の収納、キッチンの天袋、押入れなどのように目立つ収納場所などはすぐにわかりますが、部外者である引越し業者には分かりづらい収納場所の荷物や、手が届きにくい奥の収納場所の荷物などは、忘れがちです。

掃除して掃除機を最後に積み込む

忘れ物がないかどうかを確認したら、積み込み作業は終了となります。ただ、時間がある場合は、部屋全体に軽く掃除機をかけ、掃除機を最後に積み込んでください。そのくらいの時間であれば、引越し業者に待ってもらえます。

なお、引越し業者によっては、掃除機をトラックに常備していることがあります。この掃除機は貸してもらえることが多いようですから、遠慮無く使ってください。ただ、これは単なるサービスではなく、掃除機の販売促進を兼ねていることがあります。つまり、「お試し」で使ってもらう、ということです。このため、使った後にしつこくセールスをされることがありますので、注意してください。

ご近所への終了のあいさつと最終確認

積み込み作業の終了すると、引越し業者は、すべての荷物・資材を積み込み、移動の準備をします。この準備が終わるまでは、若干の時間がかかります。このため、この空き時間を利用して、ご近所に搬出作業の終了のあいさつをしておいてください。ただし、あいさつが長引くようであれば、引越し業者が出発した後でいいでしょう。

また、ご近所の方がいらっしゃらない場合や時間が余った場合は、再度忘れ物がないかどうかを確認してください。また、壁や床のキズの有無なども確認してください。これらの確認は、いくらしてもしすぎることはありません。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日