引越しでの調理器具の荷造り・梱包ト

現在の閲覧ページ

トップページ > 荷造り・梱包 > 調理器具の荷造り・梱包

調理器具の荷造り・梱包

スポンサード リンク

調理器具は、形がバラバラで、非常に梱包しにくいものです。このため、無駄にスペースを使ってダンボールを増やすことなく、なるべく効率的に梱包してください。

大型~中型のダンボールを使う

調理器具には、大型~中型のダンボールを使います。これは、調理器具は比較的軽いため、それほど重くならないからです。また、鍋、ボウル、ザルなどのスペースを取るものは、このサイズのダンボールでないとなかなか入りません。

ただし、箸、フォーク、スプーンなどの小物や包丁、おタマ、シャモジ、泡だて器などの器具は、小型のダンボールに入りますので、小型のダンボールで梱包してください。無理に大型~中型のダンボールに梱包する必要はありません。

重ねて収納してスペースを節約

鍋、ボウル、ザルなど、重ねることができる荷物は、なるべく重ねて収納してください。また、プラスチックや木製の食器など、割れたりキズついたりする心配があまりないものも、まとめて梱包してください。ただし、漆器などの塗り物の食器については、念のため、食器梱包用の紙で梱包してください。

なお、圧力鍋については、エアーキャップで梱包したうえで、単体でダンボールに梱包して、他の荷物を入れないようにしてください。圧力鍋は、ちょっとしたキズやヘコミで、故障して使い物にならなくなる可能性もあります。圧力鍋を他の荷物を重ねたり他の荷物と梱包してしまうと、引越しの途中で圧力鍋と他の荷物とが接触して、故障してします可能性があります。

食器梱包用の紙をうまく使う

箸、フォーク、スプーン、おタマ、シャモジ、泡だて器など、細々とした長いものは、そのままダンボールに入れてもでもかまいません。ただ、バラバラになると面倒なので、食器梱包用の紙でまとめてから入れてもいいでしょう。ガムテープを直接貼って梱包してしまうと、はげなくなってしまうことがあります。また、塗り物の箸は塗がはげないように、念のための梱包してください。

なお、包丁については、刃の部分を食器梱包用の紙を何枚も使ってしっかり梱包したうえで、ガムテープで止めてください。また、梱包したダンボールにも包丁が入っている旨をわかりやすく記入しておいてください。こうすることで、開梱包の際に手を切らずに済みます。

ホーロー鍋・土鍋などの割れ物に注意

鍋の中には、ホーロー製のものや、土鍋など、割れる可能性があるものもあります。これらは、非常に重いため、厳重に梱包しないと割れる可能性があります。このため、気泡緩衝材(エアーキャップ)などでしっかり梱包してください。ただ、引越し業者によっては、お客様にエアーキャップを提供していない場合があります。このような場合は、新聞紙を使ってください。

なお、ダンボールの底には、気泡緩衝材、新聞紙、食器梱包用の紙を敷き詰めて、下からの衝撃に備えてください。また、隙間があった場合は、食器梱包用の紙や新聞紙を丸めて入れて、ホーロー製の鍋や土鍋が動かないようにしてください。隙間があると、引越し業者の作業員が運んでいる際や、トラックで移動中に、ダンボールの中で鍋が動いてしまって、割れることがあります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日