引越しでの洋服の荷造り・梱包

現在の閲覧ページ

トップページ > 荷造り・梱包 > 洋服の荷造り・梱包

洋服の荷造り・梱包

スポンサード リンク

洋服は、ダンボールかハンガーケースに入れて梱包します。洋服は、特に大きな事故となることはありませんし、比較的梱包も簡単です。汚れやシワに注意して、気軽に手早く梱包してください。

大型~中型のダンボールを使う場合

洋服は軽い荷物ですから、かなり大型のダンボールに梱包しても、特に問題ありません。このため、通常は、大型~中型のダンボールを使って梱包します。ただし、ハンガーにかかっているものについては後述のハンガーケース(ハンガーボックス)を使います。小型のダンボールに梱包すると、梱包や運搬の作業効率が悪くなります。

なお、洋服をダンボールに梱包する場合、なるべくきちんとたたんだ状態で梱包してください。何もせずにそのままダンボールに放り込んでしまうと、シワになります。また、軽いからといって、あまりダンボールに洋服を詰め込みすぎると、これもまたシワの原因となりますので、注意してください。

ハンガーケース(ハンガーボックス)を使う場合

ハンガーにかかっている洋服は、引越し業者が提供してくれるハンガーケース(ハンガーボックス)に入れて梱包します。このため、ウォークインクローゼット、洋服ダンス、ワードローブ、パイプハンガーなどの洋服は、シワができることなく運ぶことができます。また、ハンガーケース(ハンガーボックス)は、意外と下が空きますので、ちょっとした荷物(バッグなど)もまとめて梱包できます。

なお、ハンガーケース(ハンガーボックス)に梱包した場合でも、洋服を詰め込みすぎると、洋服同士の横からの圧力でシワになることがあります。また、洋服を詰め込みすぎたハンガーケース(ハンガーボックス)は、相当の重さになります。このような場合、紙製のハンガーケース(ハンガーボックス)は、洋服の重さに耐えきれずに潰れてしまうこともありますので、注意してください。

普段から衣装ケース・押入れダンスを活用する

引越し業者は、衣装ケースをそのまま運んでくれます。ですから、衣装ケースの洋服は、取り出して梱包する必要はありません。また、引越し業者は、衣装ケースと中身を別々に運ぶ必要がありません。荷造りを簡単に済ませたい場合は、普段から衣装ケースを活用してください。

また、プラスチック製の押入れダンスも、引越し業者にそのまま運んでもらえます。お客様は押入れダンスの中身を梱包する必要がありませんし、引越し業者は押入れダンスと中身を別々に運ぶ必要がありません。このため、押入れダンスは、原則として中身を出す必要があるタンスに比べて、非常に作業がはかどります。

下着は自分で梱包する

引越し業者に荷造りを依頼する場合であっても、下着はなるべくお客様ご自身が梱包してください。お客様からの了解がない限り、引越し業者は、異性の作業員に下着を梱包させませんが、たとえ同性の作業員であっても、下着の梱包は気まずいものです。

なお、女性用の下着を梱包したダンボールにダンボールの中身を記入する際には、「下着」と明記しないでください。これは、盗難や横領の予防のためです。ダンボールの中身はお客様ご自身が把握していればいいわけですから、「下着」以外の何か分かりやすい、しかも不自然でないもの(「衣類」、「洋服」、「布製品」など)を記入してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日