引越しでの和服の荷造り・梱包

現在の閲覧ページ

トップページ > 荷造り・梱包 > 和服の荷造り・梱包

和服の荷造り・梱包

スポンサード リンク

和服は、専用のダンボールに入れて梱包します。和服に汚れやシワつくと、元に戻すのが大変です。ですから、特に汚れやシワに注意して、慎重に梱包・運搬します。

専用のダンボールを使う

和服は、普通のダンボールに梱包しようとすると、折りたたんで梱包しないとダンボールに収まりきれません。和服は折りたたんでしまうとシワになってしまいます。ですから、専用の薄く幅の広いダンボールに、和ダンスの引き出しに入っていた状態のまま入れて梱包します。なお、桐箱に入っている和服は、そのままで結構です(後述)。

なお、もともと買ってきた際に入っていたダンボールが手元にある場合は、そのダンボールに梱包してもかまいません。ただし、ダンボールが経時劣化していて、運んでいる最中に中から和服が飛び出てしまうことも考えられます。このため、厳重に梱包してください。場合によっては、引越し業者の作業員に、巻きダンボールなどで梱包してもらってください。

きれいな手または手袋で梱包する

和服は、汚れがついてしまうと、専門のクリーニング店でクリーニングしなければなりません。ですから、和服が汚れないように、できれば100円ショップのもので結構ですから、新品の木綿の手袋で梱包してください。手袋がない場合であっても、しっかりと洗って乾かしたきれいな手で梱包してください。

なお、引越し業者の作業員に梱包してもらう際にも、新品の手袋を使ってもらってください。大手専業業者などは、和服や桐ダンスなど、直接手で触ってはいけないものを扱うために、きちんと新品の手袋を用意しています。しかしながら、すべての引越し業者がそのような用意をしているとは限りませんので、注意してください。

桐箱はそのまま

桐箱に和服を保管している場合は、引越し業者の営業員から特に指示があったときを除いて、そのままにしておいてください。桐箱は、桐製品ですので、非常に汚れやすいものです。例えば、水がついただけでもシミになることがあります。また、汚れを取るには、専門業者にそれなりの料金を支払う必要があります。

このため、桐箱の取扱いは、引越し業者の作業員にまかせてください。通常、引越し業者の作業員は、新品の使い捨ての消費資材(巻きダンボール)で桐箱を梱包して運んでくれます。こうすることで、直接桐箱を触ることはありませんし、汗や雨や雪などの水によるシミを防ぐことができます。ただし、梱包作業で汗がついては意味がありませんので、夏の作業では、特に注意してください。

搬入出の作業をチェック

和服が入ったダンボールは、シワができないように水平に運ばなければなりません。また、トラックの荷台にも水平に積み込まなければなりません。こうしないと、せっかく専用のダンボールに梱包した意味がありません。ですから、搬入出の作業でダンボールを傾けたり立てたりしないように、チェックしてください。

なお、特に繁忙期には、ダンボールを傾けてしまって和服がシワだらけになってしまった、というお客様からのクレームがあります。これは、上記のようなダンボールの扱い方をしならい新人アルバイト、派遣社員、下請け業者の作業によるものが多いです。特に、下請け業者は、和服のダンボールをトラックの荷台に積み込む際に、立てて積み込むことがあります。このため、利用する引越し業者以外のトラック(=下請け業者のトラック)に荷物を積み込む場合は、特に注意してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日