引越しでの布団の荷造り・梱包

現在の閲覧ページ

トップページ > 荷造り・梱包 > 布団の荷造り・梱包

布団の荷造り・梱包

スポンサード リンク

布団は、布団袋に入れて梱包します。

布団の梱包は、特に難しいことはありません。普通にたたんで布団袋に入れるだけです。また、毛布、シーツ、ブランケット、タオルケットなどの布製品の寝具や、枕も一緒に梱包しても差し支えありません。

意外なものとしては、柔らかいソファー(いわゆるラブソファー)なども梱包できます。

ただし、次のとおり、細かな注意点があります。

布団袋を使う

布団の梱包には、布団袋を使います。市販のものでも、引越し業者が用意するものでも結構です。

ただ、引越しのときしか使わないものをわざわざ買う必要はあまりありません。数年に1回使うか使わないかのものを買ったところで、普段はタンスや押入れの肥やしになるのが関の山です。

このため、引越し業者が提供する使い捨ての布団袋を使ったほうがいいでしょう。

なお、たまにシーツで布団を包むお客様がいらっしゃいます。このような梱包方法は、シーツが汚れたり破れたりします。このため、シーツではなく、必ず布団袋を使って梱包してください。

また、布団圧縮袋に入っている布団は、そのままで結構です。布団は、意外にスペースを取りますので、布団が多いご家庭は、布団圧縮袋をうまく活用して、より多くの荷物を運んでもらってください。

なお、引越し業者の布団袋には、紐で縛るタイプと、ガムテープや養生テープで止めるタイプがあります。縛り方や貼り方は特に難しいわけではありませんが、慣れていないと引越しの途中で布団袋が開いてしまうことがあります。

個人的には、引越し業者の作業員に任せた方がいいと考えていますが、あらかじめ引越し業者の営業員に聞いておくといいでしょう。

あまり詰め込みすぎない

布団袋には、結構な量の布団が入ります。特に、市販の布団袋の中には、保管のことしか考慮されず、運ぶことが考慮されていないと思われるほど、大量の布団が入るものがあります。

軽い羽毛布団を梱包する場合はさほど問題はありませんが、重い綿布団を梱包する場合は、詰め込んでしまうと、非常に重くなります。

このような重い布団袋は、お客様が運搬する際にケガする原因となります。

重い布団袋は背負って運びますので、あまりに重い場合は、腰を痛めたり、バランスを崩して転倒したりすることになりかねません。また、あまり布団が重いと、布団袋が重さに耐えきれずに破れたりすることもあります。

余談ですが、某社の有名な市販の布団袋は、非常に多くの布団が梱包でき、かなり重くなるため、現場の作業員からは不評です。

長期保存の場合は湿気に注意

布団袋は、材質によっては、通気性が悪いことがあります。

また、中途半端に通気性がある=布団圧縮袋とは違って密閉まではできないため、カビやダニの繁殖の原因となる可能性があります。このように保存性がよくないため、布団の長期間の保管には向きません。

これに対し、布団圧縮袋は、その特性上、通気性がまったくありません。ただし、念のため乾燥剤等を入れておくべきです。

以上の点から、長期保存する場合は、通気性の悪い布団袋を使わず、専用の袋などで対応してください。

ただし、保管場所(特に押入れ)にスノコを敷いたり、防虫剤や湿気取りを使ったりして対策を施したり、布団袋や布団圧縮袋の中に防虫剤や防カビ剤を入れておくと、よほど湿気の多い場所でもない限り、あまり問題になりません。

このため、引越しを機に、防虫・防カビ対策も検討してみてください。

絶対に割れ物を入れない

布団袋には、布製品のみを入れ、絶対に割れ物を入れないようにしてください。

最近ではあまりいわれなくなりましたが、「布団がクッションになって割れ物が割れない」といわれることがあります。これは、大きな間違いです。

特に、ご年配のお客様の中には、勘違いされている方も多いようです。

布団袋は、トラックの荷台の中では、隙間を埋めるためによく利用されます。

これは、形が崩れたとしても、すぐに復元して、特に問題がないからです。また、比較的軽いため、隙間に押し込んでも、特に下の荷物が潰れることがないという点でも便利です。ある意味では、引越し業者のドライバーによって、乱暴に扱われることもあります。

このため、布団袋の中に割れ物が入っていると、高い確率で割れ物が割れます。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日