引越しでの靴の荷造り・梱包

現在の閲覧ページ

トップページ > 荷造り・梱包 > 靴の荷造り・梱包

靴の荷造り・梱包

スポンサード リンク

靴は、買った際についてきたダンボールがない場合は、大型~中型のダンボールに入れて梱包します。靴は比較的軽い荷物ですので、大型のダンボールに梱包したとしても、底が抜けたり、重くなることはまずありません。

また、靴の梱包には、ちょっとしたコツがあります。

なお、大手専業業者などの引越し業者指定の特別な専用資材(箱)がある場合は、引越し業者の指示に従ってください。

靴の梱包には大型~中型のダンボールを使う

靴は、買った際についてきたダンボールがある場合は、そのダンボールに梱包します(あえて別のダンボールや引越し業者のダンボールに梱包しても構いませんが)。買った際についてきたダンボールがない場合は、大型~中型に入れて梱包します。靴は軽い荷物ですから、比較的大きなダンボールに梱包しても問題ありません。

逆に小型のダンボールに梱包してしまうと、容量が足りずに、無理に靴を押し込むことなりかねません。このように無理やり靴を梱包してしまうと、靴に汚れやキズがついたり、色移りしたりします。また、型崩れの原因ともなります。このため、靴の梱包で小型のダンボールを使うことはおすすめできません。

なるべく靴の汚れは落としておく

靴をダンボールに詰めて梱包する場合、汚れが他の靴に移らないように、なるべく汚れは落としておいてください。なお、日常的に使っている靴や、スニーカー、長靴、トレッキングシューズ(登山靴)、農作業用の靴など、汚れが付きやすいものについては、別のダンボールに梱包して、他の靴に汚れが移らないようにしてください。

また、白などの薄い色の靴をお持ちの場合は、汚れの他にも、色移りにも注意しなければなりません。このような靴は、汚れのついた靴はもとより、色の濃い靴などとも別にして梱包してください(場合によってはビニール袋に包んで梱包してください)。特に、黒の革靴のように、靴墨が使われている靴とは、絶対に一緒に梱包しないようにしてください。

互い違いに靴底同士を合わせて梱包する

靴は、横の部分を天井に向けて(=倒して)靴を横に寝かせて、甲の部分を互い違いに内側に合わせて、底の部分を外にむけてダンボールに収納します。他の靴とは、靴底同士を合わせるようにして梱包します。こうすることで、違う靴の底同士が接触することになり、靴があまり汚れません。なお、靴はダンボールの中に重ねて梱包しますので、なるべく型崩れしにくものから順番に詰め込んでください。

なお、一般的なくるぶしの高さまでの靴であれば、上記のような梱包でかまいませんが、ブーツの場合は、このように梱包すると、型崩れすする可能性があります。ブーツの場合は、中に縦に丸めて円筒状になった新聞紙を詰め込んで、折れないような状態にしたうえで、なるべく立てて梱包してください。立ててもダンボールに納まり切れない場合は、横に寝かせるしかありませんが、この場合は、型くずれしないように、なるべく多くの新聞紙を詰め込んでください。

食器梱包用の紙を使う

上記のようにダンボールに詰めて、ダンボールの中に靴の段ができたら、間に食器梱包用の紙を何枚か敷いてください。その上から、さらに同じように靴を詰めていきます。こうすることで、ダンボールのスペースを無駄にすることなく、しかも汚れが付きにくい梱包をすることができます。

なお、すでに述べたような色の薄い靴については、汚れや色が移る可能性もあるため、食器梱包用の紙で一足づつ梱包するか、またはビニール袋などで梱包したうえで詰め込んでいってください。このように梱包することで、他の靴と接触してしまっても、汚れや色が移る可能性が極めて低くなります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日