引越しでのおもちゃの荷造り・梱包

現在の閲覧ページ

トップページ > 荷造り・梱包 > おもちゃの荷造り・梱包

おもちゃの荷造り・梱包

スポンサード リンク

おもちゃは、重さによってダンボールと使い分けて梱包します。おもちゃは、ものによっては非常に壊れやすいものですから、注意して梱包してください。場合によっては、引越し業者にまかせてしまってください。

重さによってダンボールを使い分ける

おもちゃを梱包する際は、軽いものは大型か中型のダンボール、重いものは小型のダンボールを使ってください。ダンボールに入りきらないものは、引越し業者の指示に従ってください(後述)。また、ゲームソフトについては、CDやDVDと等と同じです。

なお、分解できるおもちゃは、原則として、分解してください。というもの、合体したままのおもちゃは、トラックで運ぶことを想定して設計されていません。このため、分解せずにトラックで運んでしまうと、走行中に振動によってバラバラになってしまう可能性もあります。

小物はダンボールへ入れて隙間を埋める

小さなおもちゃは、ダンボールに入れてください。この際、割れ物・壊れやすいものや、複雑な形状のものを入れた場合は、隙間を食器梱包用の紙や新聞紙で埋めてください。しっかりと隙間を埋めていないと、荷物がダンボールの中で動いてしまって、破損する可能性があります。

特に、完成済みのプラモデル、フィギュア、各種模型などは、非常に複雑で脆いため、よほどしっかり梱包しないと破損する可能性が非常に高いといえます。このようなおもちゃの梱包は、引越し業者の作業員でさえ手を焼きますし、仮に引越し業者に梱包を頼んだ場合は、かなりの料金となるくらいの作業です。このため、時間をかけて慎重に梱包してください。

大きなおもちゃはあらかじめ業者に確認しておく

ダンボールに入りきらないような大きなおもちゃは、基本的には引越し業者の作業員が引越し作業当日に処置をしたうえで運びます。例えば、足こぎ式の自動車(ペダルカー)などは、毛布などで梱包して割れないように処置して運びます。また、室内ブランコなどは、折りたたんだうえ、養生テープなどで固定して運びます。ただし、これらの対応は引越し業者によってもことなりますので、注意してください。

なお、分解できるものについては、お客様ご自身で分解しなければならないかもしれません。よくあるものとしては、鉄道模型のレールやジャングルジム・滑り台などです。このため、これらの分解については、あらかじめ引越し業者の営業員に確認しておいてください。

ぬいぐるみ・クッションなどは布団袋へ

ぬいぐるみやクッションなどの布製の大きなおもちゃは、引越し業者が提供している中古の布団袋を利用してください。もっとも、ぬいぐるみやクッションは、そのまま運んでもそれほど大きな問題はありません。ただ、ぬいぐるみやクッションは、肌に直接触れるものですから、なるべく梱包してもらったほうがいいでしょう。

なお、ぬいぐるみの型くずれや破損が心配な場合は、ハンガーケース(ハンガーボックス)を使ってもかまいません。また、ぬいぐるみの中でも、高価なもの(テディベアやディズニーのぬいぐるみなど)は、破損防止のため、布団袋よりも頑丈なハンガーケース(ハンガーボックス)で梱包してください。なお、梅雨の時期や雪が降る時期などは、防水のため、いったんビニール袋にぬいぐるみやクッションを梱包したうえでハンガーケース(ハンガーボックス)で梱包してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日