チームリーダーの役割と特徴

現在の閲覧ページ

トップページ > 作業員の役割 > チームリーダー

チームリーダー

スポンサード リンク

チームリーダーは、作業現場における最高責任者です。チームリーダは、チームの中でも、最も経験と能力がある作業員が務めます。通常は、現場の難易度や荷物の量に応じて、正社員、契約社員、ベテランのアルバイトのいずれかが務めます。引越しが無事に終わるかどうかは、リーダーの能力によります。

引越しはリーダー次第

引越し業者の作業員は、主にリーダーの指示に従って動きます。というよりも、指示がないと動けません。作業員独自の判断で動くこともないわけではありませんが、独自の判断ができる作業員は、たいていは別の現場でチームリーダーを務めます。このため、閑散期でもない限り、ほとんどの作業員は、指示がないと動きません。

このような事情から、チームリーダーが的確に作業員に指示を下すことができるかどうかによって、引越しが無事終わるかどうか、また、早く終わるかどうかが決まります。特に、チームリーダー以外の作業員が経験の浅いアルバイト・派遣社員となることが多い繁忙期では、このような「素人同然」の作業員をチームリーダーが上手く使いこなせるかどうかが重要なポイントとなります。

主な役割はトラックでの作業

チームリーダーの役割は、主にトラックへの荷物の積み込みと荷降ろしです。荷物の搬出作業では、続々と荷物がトラックに運ばれてくるため、トラックのドライバーの積み込みが早くないと、作業が滞ってしまいます。また、しっかりと積み込みをしないと、荷物が崩れたり家具が倒れたりして、荷物が破損することがあります。荷物の搬入作業では、ドライバーは、全体の作業の流れに配慮しながら、どの荷物を降ろしていくかを考えなければなりません。

このように、トラックへの積み込みと荷降ろしの作業は、引越しの作業の中でも、最も面倒で経験と能力を必要とする仕事です。このため、現場の最高責任者であり、チームの中でも最も経験と能力があるチームリーダーが務めます。なお、引越し業者によっては、サブリーダーがトラックへの積み込みと荷降ろしの作業をするところがあります。

作業はすべてできて当たり前

チームリーダーは、すべての引越しの作業ができます。逆にいうと、すべての仕事ができない作業員は、リーダーをさせてもらえません。引越し業者では、すべての仕事を覚えたと思われる作業員だけをチームリーダーとして現場に配属します。これは、現場で想定外の事態が起こっても、その現場の作業員だけで解決できるようにするためです。

よくありがちな想定外の事態としては、、階段を通ると思われていた家具が階段を通らなかった場合です。このような場合は、急遽、窓吊り作業をしなければならなくなります。引越し業者は、このような緊急事態でも、手持ちの資材で無事に作業を終えなければなりません。この際、チームリーダーは、窓吊りのための家具・ロープの準備から、実際の吊り上げ・吊り下げまで、すべてをこなせなければなりません。このため、作業の知識・経験・体力のすべてを兼ね備えていない作業員には、チームリーダーは務まりません。

単身・一人暮らしや11月~2月前半の引越しには注意

荷物の少ない引越しは、新米チームリーダーが担当することがります。特に単身・一人暮らしの引越しは、荷物が少ないため、引越し業者では、いわば新米チームリーダーのデビュー戦として位置づけています。それだけ段取りが悪かったり、場合によってはトラブルや事故が発生したりする可能性もあります。

なお、11月~2月前半くらいまでは、繁忙期ではなくても、チームリーダーの能力に気をつけてください。というのも、この時期は、この後の繁忙期に備えて、現場で正社員や契約社員によるチームリーダーの育成がおこなわれることがあります。このため、「見習いチームリーダー」がチームを取り仕切ることがあります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日