サブリーダーの役割と特徴

現在の閲覧ページ

トップページ > 作業員の役割 > サブリーダー

サブリーダー

スポンサード リンク

サブリーダーは、作業現場におけるナンバー2の責任者です。通常は、チームのなかで二番目に経験と能力がある作業員が務めます。なお、荷物が少ない(おおむね作業員3名以内)場合は、チーム内にサブリーダーがいない場合があります。

リーダーに次ぐ引越しの要

サブリーダーは、おおむね作業員4名以上の引越し業者のチームに配属されます。サブリーダーは、チーム内の序列ではナンバー2です。このため、室内作業を取り仕切っているにかかわらず、トラックのドライバー(チームリーダー)に敬語を使っている作業員は、サブリーダーと考えていいでしょう。サブリーダーは、主に室内で作業員への指示をおこないますので、チームリーダーに次ぐ引越しの要といえます。

サブリーダーが配属されるチームは、荷物がかなり多く、トラックも2台以上で、作業員も多いことがほとんどです。このため、引越しの現場としては、比較的困難な現場であるといえます。このような現場であるからこそサブリーダーが配属されるといえます。逆にいえば、それだけ事故が発生しやすい現場であるといえますので、注意してください。

主な役割は室内作業

サブリーダーの役割は、主に室内での作業と作業員への指示です。サブリーダーは、たいていは、トラックの運転を担当しない(担当できない)、経験と能力がある作業員が担当します(もっとも、補助車両のドライバーの場合もありますが)。ただし、引越し業者によっては、リーダーが室内作業とその指示をするところもあります。

室内での作業員の指示は、引越しの作業効率(早さ)と事故の発生率(安全)に関わる重要な役割です。特に、室内の作業では、荷物と建物の双方の事故に気をつけなければなりません。サブリーダーは、自分の作業はもとより、作業員への指示を通じて、事故を発生させずに、かつ効率よく作業をするための指示を出さなければなりません。このため、引越しで事故が発生するかどうかはサブリーダーの能力次第でもある、といえます。

たいていの作業はできる

サブリーダーは、基本的には、リーダーの指示を受けなくても、単独ですべての作業ができます。ただ、免許を持っていないために、トラックへの積み込みや荷降ろしができないサブリーダもいます。また、窓吊りやピアノ・エレクトーン・金庫の移動など、知識や経験が必要な作業ができないサブリーダーもいます。

ただ、このようなできない作業については、リーダーと協力しておこないます。このため、サブリーダーが多少の仕事ができないからといって、あまり不安に思うことはありません。ただし、能力については、個々人によってばらつきがあります。このため、安全第一で作業してもらうようにしてください。

過信は禁物

サブリーダーは、作業員からレベルアップしたばかりの人、本来は新米チームリーダーの人、本来はチームリーダーのレベルの人など、状況によってさまざまな人が務めます。閑散期の場合は、正社員、契約社員、ベテランのアルバイトなど、本来は他の現場を任されてもいいくらいの人が務めますので、安心できます。他方、繁忙期には、経験の浅い作業員がやむを得ず務めることがあります。

なお、11月~2月前半くらいまでは、閑散期であっても、サブリーダーの能力に気をつけてください。というのも、この時期は、この後の繁忙期に備えて、現場で正社員や契約社員によるチームリーダーの育成がおこなわれることがあります。通常は、チームリーダーとしての育成をおこなう前に、まずサブリーダーとしての育成をおこないます。この間までは単なる作業員だった者をサブリーダーとして現場で教育するわけですから、いくら正社員や契約社員による指導があるとはいえ、注意が必要です。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日