ドライバーの役割と特徴

現在の閲覧ページ

トップページ > 作業員の役割 > ドライバー

ドライバー

スポンサード リンク

引越し業者のトラックのドライバーは、主にトラックでの荷物の積み込みと荷降ろしの作業をおこないます。通常は、チームリーダーかサブリーダーが兼務します。トラックの積み込みは、長い経験と高い能力を必要としますので、ドライバーのは意外に重要です。

意外と重要な積み込みと荷降ろしの作業

トラックのへの荷物の積み込みは、パズルのようなもので、意外に難しいものです。積み込みの作業が早くないと、荷物の搬出が滞ってしまって、作業になりません。このように、トラックの積み込み作業は、引越しの作業のなかでも「ボトルネック」になりやすく、作業効率に大きな影響を与えいます。このため、引越しが早く終わるかどうかは、トラックのドライバーの能力次第といえます。

また、トラックからの荷降ろしは、単に手前から降ろしていけばいい、という単純なものではありません。トラックのドライバーは、荷物を搬入しやい順番やタイミングで荷降ろしをしなければなりません。このため、トラックのドライバーは、トラックの荷台で見えない部屋の中の作業全体の流れを想像しながら、荷降ろしができなければなりません。このような事情があるため、引越しの経験がない業務委託先・下請け先のドライバーは、うまく対応できないことがあります。

リーダー・サブリーダーと兼務する場合が多い

たいていのトラックのドライバーは、リーダーやサブリーダーを兼務します。これは、すでに述べたとおり、トラックのドライバーは、引越しの作業全体の流れを把握していないと務まらないからです。このため、単に免許を持っているから、という理由でだけは、トラックのドライバーにはなれません。

ちなみに、トラック1台でチームが編成されている場合は、ほとんど場合、トラックのドライバーがチームリーダーを兼務します。そして、閑散期でもない限り、サブリーダーは配属されません。このため、チームリーダー兼ドライバーが、1人で室内作業を仕切りつつ、トラックへの積み込み・荷降ろしをおこないます。このような場合、チームリーダー兼ドライバーの目が作業員に行き届きやすいため、あまり事故が発生しない反面、作業効率が悪く、作業に時間がかかることがあります。

1.5トン トラックのドライバーに注意

通常、1.5トンのトラックのドライバーは、新米チームリーダーが運転します。このため、能力としては、チームリーダーとしての最低限の能力を満たしているに過ぎません。ですから、特に若い作業員がドライバーをしている場合は、注意が必要です。具体的には、他の大きなトラックの補助車両としてついてきた1.5トンのトラックや、単身・一人暮らしの引越しの場合の1.5トンのトラックのドライバーに注意が必要です。

他の大きなトラックの補助車両として1.5トンのトラックがついてきた場合は、1.5トンのトラックのドライバーがサブリーダーとして室内作業を仕切ることになります。このように、補助車両がつくくらい荷物が多い現場では、1.5トンのトラックのドライバーは、力不足の可能性もあります。また、1.5トンのトラックは、単身・一人暮らしの引越しでも使われます。この場合は、経験が浅いチームリーダーが1人で現場を仕切らなければならないため、状況によっては、事故に注意が必要となります。

業務委託先・下請け先のドライバーは要注意

業務委託先や下請け先のドライバーは、引越し業者のドライバーと違って、荷物の積み込み作業や荷降ろし作業に慣れていないことがあります。このため、多くの場合は、トラックへの積み込みに時間がかかってしまいます。また、下手な積み込み方をして荷物を破損させることもあります。

また、すでに述べたとおり、荷物の搬入作業では、荷降ろしの順番やタイミングが重要となります。ところが、引越しの作業など経験がない業務委託先や下請け先のドライバーでは、このようなことに配慮せずに、自分勝手に荷降ろしをしていまいます。これが、作業効率の低下や事故に繋がることがります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日